6年間しっかり支えてくれるのは、牛革やコードバンの丈夫な本革ランドセル!

本革はなぜ丈夫?素材の良さを知って選びましょう!

前回の「ランドセルを丈夫にする工夫がいっぱい!カバンのフジタの適材適所なランドセルづくり」では、
カバンのフジタ スペシャリティランドセルが丈夫工夫についてご紹介しました!


今回は「素材牛革は丈夫?」「クラリーノは傷が付かない?」
色々なイメージがあるかと思いますが、ランドセルの素材ごとの特徴を見て選びましょう!

クラリーノは水気に強い素材

concept_function2_clarino

人工皮革のクラリーノやクラリーノ・レミニカは、しっかりと加工が施された「雨や汚れに強い」素材です。
お手入れが簡単で、軽くて傷がつきにくいといった特徴があります。

天然皮革(本革)は、丈夫でキズに強い

concept_function2_cordovanconcept_function2_cow

天然皮革(本革)の牛革やコードバンは、「硬く丈夫で、傷に強い」素材です。
石油から作られるクラリーノと異なり天然の動物の革からつくられるもので、繊維が複雑に入り組んでいます。

新品のうちは人工皮革、天然皮革どちらのランドセルも丈夫そうでピカピカですが、
使い続けるうちに、生地の構造による差が表れてきます。

お洋服や小物を例に考えてみてください。
合皮のベルトは使っていくうちに穴が伸びていき、最後には隣の穴とつながってしまう……なんてことになりがちです。
一方、本革のベルト穴は簡単には破れず、丈夫で何年も長持ちしますよね。

これと同じで、本革のランドセルは破れにくさ、こわれにくさの点でとても優れているんです!

人工皮革、天然皮革、それぞれに良いところがあります。
ですがお子さまの数年後、卒業までの長い目で見た“丈夫さ”なら、天然皮革のランドセルが勝っているということですね!

天然皮革(本革)のランドセルは、6年間丈夫でキレイに使えます!

0140

コードバンは、キズやシワになりにくく、型くずれしにくい素材です。

なめらかな手触りと上品なツヤは、コードバンならではの良さですね。
ランドセルの中でもかぶせは目立つパーツなので、時間が経つにつれて劣化が気になってきてしまうお客様も多いですが、
コードバンは高級素材の品格を長く保ち続けます。

あるお客様は、カバンのフジタのコードバンのランドセルを6年間お使いいただいた後、
「あまりに立派で劣化を感じないので、このまま弟へのおさがりに使えるのでは?」
とまでおっしゃっていたほどです!

>コードバンのランドセルはこちら


0105

牛革のランドセルは、使ううちにお子さまのからだによく馴染みます。

革の風合いを活かして薄く顔料を塗っているので、毛穴が生きています。
お子さまがびっしょり汗をかいてきても、置いておくだけで風が通りますよ。
すぐれた通気性や耐久性で6年間快適に使っていただける丈夫なランドセルです!








ランドセルは、丈夫で高性能なカバンです!

6年もの間使うもので、しかも遊び盛りの子どもが使うのですから、ランドセルはカバンの中でも特に難易度が高い製品なんです!


カバンのフジタはカバンの専門店として、
「ランドセルは卒業までしっかり使い続けられるよう、一番丈夫なカバンにしてあげなくては!」と考えています。

お子さまの6年間を支える丈夫なランドセル、自信を持っておすすめできます!

せっかく選んだお気に入りのランドセルが、もし卒業までの間に壊れてしまったら…。
毎日使っていたカバンが使えなくなる、というのは子どもにとってショックの大きいことですから、
やっぱりお子さまを悲しませてしまいますよね。

ランドセルは小学校入学と同時にお子さまに贈られるもの、というイメージも強いですが、
ランドセルは本来はプレゼントではなく“カバン”の仲間です。

お子さまにとって使いやすいようにという想いと、長年のカバンづくりの経験があったからこそ、
カバンを強くする工夫をたくさん詰め込んだスペシャルなランドセルをつくることができました。
この丈夫で頼もしいランドセルをのびのびと使うことで、お子さまに喜んでいただけたらと思っています!

ランドセル選びでお悩みの場合は、カバンのフジタにまでお気軽にご相談ください。
カバンの専門店としての視点や、販売のスペシャリストの視点から、お子さまにぴったりのランドセルを一緒にお探しいたします!