小柄

小柄なお子さまのランドセル選びのお悩みは、体力や通学時間の長さにあります。


小柄なお子さまや早生まれのお子さまには、身長や通学距離を気遣ったランドセル選びを。

小柄なお子さまの登校は体力が心配…ランドセル選びから気を付けてあげましょう

大容量のランドセルで安全な登下校

世代が移り変わって必要な教材が増えたこともあり、ランドセルは年々大きくなってきています!
小柄なお子さまが重いランドセルを背負って登下校することを不安に思うお客様はたくさんいらっしゃいます。

特に早生まれのお子さまは小柄なことが多いので、親御さんはよくランドセル選びで悩まれています。
その場合は、お子さまが疲れないためのランドセル選びに気を付けてあげたいですね!

通学距離が長いと、お子さまが小学校へ着く前に疲れ切ってしまうかもしれません。

身長や体格も大切ですが、通学距離の長さもランドセル選びでは大切です!

登下校の時間や距離=ランドセルを背負っている時間なので、
登下校にかかる時間はランドセルを選ぶ上ではとても重要なんです。

通学時間が短い場合は、お子さまの好きなデザインのランドセルを
選んでいただいたり、丈夫な牛革やコードバンのランドセルをおすすめすることもあります。

通学時間が長いと、体の大きな子なら下校中に遊んで帰ってきたりもしますが、お子さまが小柄な場合ですと
それだけ体力を奪われてしまうのでは?と、やっぱり心配になりますよね。

カバンのフジタは山形県に本社を構えています。
山形は盆地であり夏は猛暑、冬は豪雪といった厳しい気候の土地です。
また、子どもによって小学校までの通学距離に開きがある地方でもあります。

登下校

毎日小学生の登校風景を見ていて、小柄な子が猛暑の中で
重いランドセルを背負って遠い小学校まで歩く子どもや、長く続く凍った道を危なげに歩く子どもがいるとハラハラしていました。

ですから、ランドセル選びを心配される親御さんの気持ちはよくわかります!

「クラリーノとクラリーノ・レミニカのランドセルは丈夫で軽くて安心です。」
では小柄なお子さまにおすすめしたいランドセルについてご紹介していきます!