ランドセルを背負っている男の子と女の子

初めての方、遠方の方へ向けて♪カバンのフジタこだわりのポイントをご紹介!~フジタ自慢の背負い心地編~

前回の「初めての方や、遠方の方へ向けて♪フジタこだわりのキューブ型への想いをご紹介いたします」では、カバンのフジタを初めて知る方、遠方にお住いの方向けに、フジタのランドセルに対する想いやキューブ型へのこだわりの話をご紹介しました◎
今回も初めての方、遠方の方に「カバンのフジタ スペシャリティランドセル」のこだわりを知ってもらうために、カバンのフジタの想いをご紹介いたします♪

目で見て実感できるランドセルムービー展示会も開催しておりますので、こちらも是非ご覧ください!


man2_1

フジタ自慢の背負い心地へのこだわり、ご紹介します!

フジタが60年間ランドセルを作り続けてきた上で追求したのが、ランドセルの背負い心地。
背あてや肩ベルトというのはお子さまの肌に直接触れる部分。
3つのこだわりを機能に反映させることで、軽く感じる快適な背負い心地のランドセルにしています。
今回は背負い心地への3つのこだわりをご紹介します!

肩と胸にぴったりフィットする肩ベルト◎

スーパーXベルト

まずご紹介するのはこの特徴的な形の肩ベルト。
こちらのスーパーXベルトは、肩から胸にかけて内側に入り込む形になっていることにより、胸のあたりに対してほぼ垂直になるように作られています。

実はこの形、登山用のリュックからヒントを得たもの!
20kg近い荷物を背負って歩く登山用のリュックと同じようなカーブ曲線を描いているんです。
このような形にすることで、肩と胸に重さを分散させることができるのでお子さまの身体への負担を減らしています♪

小学生は特に月曜日となると荷物がいっぱいになることも多く、3kg近い荷物を持って登校するお子さまもいらっしゃいます。
通学距離が長いお子さまや小柄なお子さまには、特に負担になってしまいますよね…。
お子さまの身体への負担を少しでも減らせるように、お子さまのことを想って作られたのがスーパーXベルトなのです!

背中にフィットして負担を分散する背あて

最近販売されているランドセルの中には、背あてに刺繍などが入っているものもありますが、「カバンのフジタ スペシャリティランドセル」はシンプルなU字型。
実はこのU字型は「フィットカット」という構造でここにも背負いやすさの秘密が隠されているんです!

フィットカット

横から見るとお分かりの通り、フィットカットは下の部分が盛り上がっていることが分かります。
この盛り上がっている部分がお子さまの腰のくびれた部分にぴったりとフィット。
腰の部分に余計なスペースがなくなり、背中とランドセルの接する面積が広くなります。
つまり背中全体でランドセルを支えることができるんです!

先ほどご紹介したスーパーXベルトとフィットカットにより、ランドセルを肩・胸・背中全体で支えることができるので、手に持った重さよりも背負ったときの方が軽く感じられるんです♪

お子さまの肌と相性の良いソフト牛革

ソフト牛革

快適な背負い心地のためにもうひとつこだわっているのが、背あてに使用する素材。
カバンのフジタでは天然皮革のランドセルも人工皮革のランドセルも、全てソフト牛革を背あてに使用しています。

機能性に優れた人工皮革もあるのですが、やはり天然皮革であるソフト牛革はお子さまの肌との相性が良いことが特徴です。
天然皮革はお子さまの成長に合わせて馴染んでいきますし、触れると柔らかく温もりが感じられます。
また、細胞が入り組んでいる天然皮革は引き裂きなどにも強く、耐久性が高いんですよ◎
毛穴が天然の通気口のような役割を果たすため、通気性もバツグン。
このようにソフト牛革は、背あてにはぴったりの素材なのです!

これまでは白い背あてのみを取り扱っていましたが、今年からは背あてをパステル調に染め上げ全部で7色の中から選ぶことができるようになりました!
シンプルながらもアクセントになるカラーの背あてのランドセル。
こちらも是非チェックしてみてください♪

ランドセルを実際に背負える東京展示会にも是非お越しください♪

先日行われた展示会でも、多くのお客様から「背負い心地が良い、軽い」というお声をたくさんいただき、大変嬉しく思っております♪

「カバンのフジタ スペシャリティランドセル」は実際に背負っていただくことで良さを実感していただけるはずです!

現在東京展示会も開催しております。予約不要でご来場いただけますので、フジタのランドセルに興味を持たれた方は是非こちらにも足を運んでいただければと思います♪


ランドセル東京展示会について詳しくはこちら