手縫い

6年間、君とランドセルをしっかり繋ぐ要所手縫い!

前回の「どんどん大きくな~れ!「手縫い」は君の成長の変化に寄り添います」では、手縫いの特徴についてご紹介しました。
今回は、手縫いの場所に注目してご紹介しますね!

PIC_0002

負荷がかかる肩ベルトと下ベルトのつけ根は手縫いで丈夫に!

肩ベルトのつけ根

肩ベルトのつけ根

元気いっぱいの男の子達が、ランドセルのベルトを引っ張り合ってふざけあう光景を目にされたことはありませんか?

「そういえば、小学生の頃、好きな女の子のランドセルを引っ張って怒らせちゃったなぁ…」
そんなご自身のやんちゃな小学生時代を思い出す親御さんもいるかと思います。

お子さまにとっては楽しいひと時ですが、ランドセルは知らず知らず大きなダメージを受けています。

最もダメージを受ける部分というのが、肩ベルトのつけ根なんです。
肩ベルトのつけ根は、荷物を入れるランドセル本体と、お子さまが背負う肩ベルトを繋ぐ場所なので、
負荷がかかりやすく壊れやすい場所です。
このつけ根の遊び部分に隙間が多ければ多いほど、ランドセル本体に付いている金具の動きが活発になります。
激しい金具の動きは糸にダメージを与えるので、ふざけて引っ張り合っていたら突然ベルトが千切れてしまった…なんてことに。

そこで、フジタのスペシャリティランドセルは、壊れやすい肩ベルトのつけ根部分をランドセル職人が手縫いで仕上げているんです。
お子さまが6年間使うランドセルですから、ランドセルをお選びになる際は、肩ベルトのつけ根を必ずチェックして下さいね!

下ベルトのつけ根


負荷がかかる部分は、実は肩ベルトのつけ根だけではないんです。
ランドセル本体、肩ベルトと繋がる下ベルトのつけ根も同様に壊れやすい場所です。


金具とベルトを鋲だけで止めているランドセルもありますが、それだとベルトが動いて回転します。
下ベルトがしっかり固定されていないとランドセルを痛めてしまうんです。


ランドセルを背負ったままでも、公園を走り回ったり飛び回ったり、
大人が想像できないようなことをするのが小学生のお子さまです。
フジタのスペシャリティランドセルは、下ベルトのつけ根も手縫いできっちり縫い上げることによって、
お子さまのどんな動きにも耐えられる丈夫さを可能にしました!

大事な部分を見極めて手縫いするのが「要所手縫い」です!

お子さまの体は日々成長して変化していきます。
静かに本を読むのが好きなおとなしいお子さまもいれば、いつも走り回っているやんちゃなお子さまもいます。
「変化」や「違い」があっても、6年間元気いっぱいに使える丈夫で頑丈なランドセルをお届けしたいとフジタは考えます。

フジタのスペシャリティランドセルは、ランドセルの要となる場所を見極めて、
ランドセル職人がひと針ひと針手縫いで仕上げています。
これが縫製関係のプロからも絶賛されたフジタならではの「要所手縫い」です。

大事な部分を見極められるのは、60年という長い年月ひたむきにカバン屋を続け、
お子さまの声と親御さんの声に絶えず耳を傾けてきたからこそです。

手縫いする部分は、わずか数センチの本当に細かな部分です。
しかし、お子さまがのびのびと使える丈夫なランドセル作りには絶対に外せない作業工程なんです。

その他にもフジタのスペシャリティランドセルには、お子さまを想いのこだわりと機能がたくさん詰まっています。
お子さまのランドセル選びの疑問やお悩みがありましたら、是非フジタのスタッフにご相談ください!
お子さまも親御さんも納得のランドセルをスタッフが一緒にお探しします!