安心・安全への想い

雪国の知恵から生まれた
「安心・安全」への想い。

ランドセルをつくって届けて60年。
夏の猛暑と冬の積雪など、四季折々変化する通学環境のもとで、
お子さまの安全と親御さまの安心をいちばんに想い、職人さんと一緒につくりあげたランドセルです。

雪国だからこそ生まれた、
防水加工の工夫

雪国生まれのお子さまは、雪が降り積もっていても、
気にせず雪の上にランドセルを置いたまま遊びに夢中になるのが当たり前。
そのため、水に強いランドセルのご要望を多くいただきました。

雨・雪も防水加工でへっちゃら

雨・雪にも防水加工

人工皮革のクラリーノ、天然皮革の牛革、コードバン、全て防水加工されています。お手入れも人工・天然皮革ともに乾いたタオルで拭くだけでとても簡単です。

雪国だからこそ生まれた、
「右側だけフック」

山形は、田舎道や狭い路地には車道と歩道の区別がない道が多く、とても危険です。
ランドセルに付いているフックはとても便利なものではありますが、右側通行にて指導され登下校するお子さまたちですので、
給食袋など掛けたまま登下校する際は、どうしても揺れてしまい、車や自転車にひっかかる危険性があります。
そんな危険を回避するため、フジタは車や自転車に荷物がひっかからないようなランドセルをつくりあげました。

左側の危険から守るために。

左側の危険から守るために。

右側だけにフックを取り付け、左側を通る車や自転車に荷物が引っかからないようにしました。

雪国だからこそ生まれた、
大容量のメイン収納

雪が溶けて凍結することは、雪国の山形ではよくあることです。
ですが、もしも滑って転んでしまった時、手には荷物を持っていますか?
大容量なら、全ての荷物をランドセルに収納し、手を空けることができます。
大怪我を回避するため、フジタは手が空くようなランドセルをつくりあげました。

「できる限り詰め込む」ことで危険を回避できます。

「できる限り詰め込む」ことで
危険を回避できます。

もしも雪道が凍結しており、滑って転んでしまったら、手を瞬時に地面につけず、大怪我に繋がる可能性もあります。そんな時、大容量のランドセルがあれば、中に荷物をたくさん入れることができるので、その分手に荷物を持たなくても良くなります。そうすることで、万が一滑って転んでしまっても、地面に手をつくことができるので、大怪我に繋がることはありません。

暗くなるのが早い雪国だから
生まれました。
「360°ピカットライン」

反射材を、かぶせ・肩ベルト・大マチベルトの前後左右360°どの角度からも光るように装備。
車のライトにも反射し、ドライバーがしっかり確認しやすいようにピカッと光り、お子さまの存在を知らせます。

ダミー

ピカッと光って
お子さまの存在を知らせてくれます。

高学年になって委員会などで帰りが遅くなり、真っ暗な道を下校しなければいけない時もあると思います。そこで夕暮れ時の帰り道でも安心できるように反射材を装備。全種類のランドセル共通で反射材が付いております。

雪国の厳しい気候に
負けないランドセル。
この安心感を是非全国の皆さんにも。

「防水加工」「右だけフック」「大容量のメイン収納」「360°ピカットライン」
これらは全て雪国であるフジタだからこそ生まれたランドセルの工夫です。
この厳しい気候から生まれた工夫を、全国のみなさんにも体験していただきたいです。

雪国だからこそ生まれた
安心・安全に強いランドセルです。

ケガをしてほしくないという想いと、
雪国ならではの環境から生まれた
フジタのランドセル。

フジタのランドセルは、
親御さんも安心の
つくりです。

何が起こるかわからない登下校の時間。親御さまはお子さまの安全が心配な毎日ではないでしょうか。
フジタのランドセルは、雪国の厳しい気候から生まれたので
雪国はもちろんのこと、雪の降らない地域の方にも、とても安心してお使いいただけます。

  • 防水加工
    防水加工
  • 右側だけフック
    右側だけフック
  • 大容量の収納
    大容量の収納
  • ピカットライン
    ピカットライン

雪国だからこそ生まれた
「安心・安全」のための工夫