カバンのフジタ 新年のご挨拶

昨年は誠にありがとうございました!

昨年2016年もたくさんのお客さまにお会いできたこと。

そして、たくさんのお子さまが笑顔でカバンのフジタ スペシャリティランドセルを背負っている姿が見れたこと…。

深く感謝申し上げます!

地元山形のみなさま、いつも本当にありがとうございます!

ご来店していただくお客さまのなかには、「これでフジタさんのランドセルは3本目」と言って、お孫さんがランドセルを背負う姿に目を細めるおじいちゃん・おばあちゃんもいらっしゃいます。 何世代にも渡って、お客さまと長くお付き合いできることが何よりの幸せです。

カバンのフジタ本店のある山形は、非常に雪深い地です。 例年雪が降り積もると、道路の幅は狭くなり、路面は凍り、交通機関がストップしてしまうことだって珍しいことではありません。

そんな中、わざわざ不便な立地のカバンのフジタ本店へお車を2台使用されて、お越し下さるお客さまもいらっしゃいました。 私たちカバンのフジタは、地元山形のみなさまの暖かい心に支えられています。 ほんとうにありがとうございます!

日本全国のお子さまの笑顔のために!

楽しい学校生活

また昨年は、全国各地のお客さまよりご注文をいただきました。 北は北海道から南は宮崎県まで! カバンのフジタにとって、はじめてお付き合いをする土地に住まわれているお客さまもたくさんいらっしゃいました。 ランドセルを通じて、全国のみなさまと繋がれたことを大変うれしく思っております。

カバンのフジタでは、60年間ランドセル販売を続けて参りました。 山形という土地で生まれた、雪国モデルのランドセル。 安心・安全を第一に考えたカバンのフジタ スペシャリティランドセルを地元山形の地から遠く離れた、全国のみなさまのお手元へとお届けできること、たいへん喜ばしく思っております!

お子さまにとっては、ランドセルを手にしてはじめて学校生活のスタートを切ることができますよね。
カバンのフジタでは、6年間しっかりとお子さまをサポート!

カバンのフジタ スペシャリティランドセルに教科書だけではなく、たくさんの思い出を詰め込んでいただけるよう、お子さまの学校生活を応援し続けてまいります!

お子さまの喜びが、カバンのフジタの喜びです!

カバンのフジタ スペシャリティランドセルを手にしたお子さまからいただく、たくさんの感謝のお手紙や絵。

ランドセルを手にした喜びが、紙いっぱいから伝わってくるお手紙や絵が、私たちの心をも喜びでいっぱいにしてくれています!

ランドセルの寄贈をし続けて60年

ランドセル贈呈式

カバンのフジタでは、ランドセルの販売と共に山形市の小学校へランドセルの寄贈や学生カバンを寄贈し続けてきました。
寄贈を続けて、60年。
半世紀以上、年の暮れの恒例行事として続けてこれたのは、ひとえにみなさまのおかげです。

「ぴょんちゃんランドセル」時代にカバンのフジタのランドセルをご愛用いただいたお客さまが結婚されてお父さん・お母さんとなり、今度は自分のお子さまに「カバンのフジタ スペシャリティランドセル」を持たせたいとお買い求めいただいています。

時代が移り変わっても、カバンのフジタのランドセルを愛してくださるお客さまがいることで私たちカバンのフジタがあるのだと思います。
カバンのフジタを愛し続けてくださっているお客さまへの感謝の気持ちとして寄贈という形で地域へ還元させていただいております。

そして何より、ランドセルを手にしたお子さまご本人の喜びの声が私たちの何よりの励みとなっています!

お子さまの笑顔のため、楽しい学校生活のため。
ランドセルを喜んで使っていただけるよう、カバンのフジタ スペシャリティランドセルはこれからも改良を続けていきます!

カバンのフジタは「進化」し続けて参ります!

来年2018年度のカバンのフジタ スペシャリティランドセルは
お子さまの学校生活がさらに楽しくなるような「進化」を遂げたいと考えております。

また、フジタのランドセルを何世代にも渡ってお使いいただいているご家族の方をも
アッと驚かせられるようなランドセルを作るべく、試作を重ねている最中です。

みなさまの想いが詰まったランドセルをお楽しみに!

進化するフジタのランドセル


今年もまた、たくさんのお客さまと出会えることを願って。
進化を遂げたフジタのランドセルを、心待ちにしていただけたらと思います。
カバンのフジタの店頭で、直接お声を聞かせてくださったお子さま、親御さまの想いや願いをランドセルに詰め込んで、
よりいっそうのレベルアップを目指します!
みなさまのご来店を心よりお待ちしております!