本店 大滝さん

「お客様の想いに応えられるようにしたいと改めて実感しました。」スタッフインタビュー~本店 大滝由貴~

ベテランの販売のスペシャリストにインタビューしました!

販売のスペシャリストにインタビューするのも今回で5年目。

これまではカバンのフジタに入社して間もない社員の方へインタビューしてきましたが、今回は入社17年目の大滝由貴さんにお話を伺いました!

大滝さんよろしくお願いいたします!

これまでに苦労したこと

入社17年となると様々なご経験があると思いますが、苦労したことはありますか?

以前は素材の組み合わせなどを覚えるのが大変でした。

そうですね、以前販売されていたランドセルは素材の組み合わせも多くランドセルのモデルもたくさんあったので、覚えるのに苦労した覚えがあります。
ただ、当時からランドセルの勉強会が年に一回あり、新入社員以外も参加していましたので、そこでしっかりと勉強して知識を身に着けていました。

カバンのフジタのランドセルは目に見えない部分にもこだわって作っていますよね。
ですからそういった部分もお客様にしっかり伝えて、安心・安全のランドセルと思っていただけるように心がけています!

PIC_0002

特に印象に残ったお客様

そうですよね、こだわりの機能を知っていただいてお求めいただければ、私たち販売のスペシャリストとしても嬉しいですよね♪


大滝さんが特に印象に残ったお客様はいらっしゃいますか?

ランドセルが届くのが待ちきれず再度ご来店されたお客様を見て、嬉しく感じました♪

サンシャイングラッド

 

そうですね、2017年のランドセルが販売されてから間もない頃に、総牛革のサンシャインGLADを見に来られたお客様がご来店されたんですよね。
その時は下見で来られて、後日お電話でご注文された方なのですが…。

実はそのお客様は、ご注文からランドセルのお渡しまで少し期間があいていたんです。
そうしたらお子さまがランドセルの受け取りを待ちきれなかったのか、ランドセルを背負うために再度ご来店されて驚きました。
注文されたあとは届くまで音沙汰ない場合がほとんどなのですが、そのお客様はランドセルが届くのがよっぽど楽しみだったんだな、待ち遠しかったんだなと実感して、こちらとしてもとても嬉しかったです!

サンシャインGLADのページはこちら>

woman_2_1_long

良いものを知っているお客様への対応

それはとっても嬉しいですね!

実際にランドセルを受け取ったときの喜んでいる姿が目に浮かぶようです♪


そのお客様は総牛革のサンシャインGLADを選ばれたとのことですが、最初から総牛革を探されていたのですか?

ランドセルは良いものを、との思いから総牛革を選ばれたようです!

はい、そうだったと思います。
以前と比べて、最近ランドセルをお買い求めに来られるお客様は良いものを知っている方がたくさんいらっしゃると感じます。
総牛革のランドセルを選ばれる、というのも牛革の良さを知っているからですよね。

最近ではインターネットでいろいろ調べられることもあってか、お客様の知識もとっても豊富ですし、私たちにもとても細かい部分まで質問されることが多くあります。
それだけランドセル選びにこだわっているお客様が増えたんですよね。
私はカバンのフジタに入社して17年が経ちますが、お客様からのご要望や想いにもしっかりと応えられるようにならなければいけないなと、改めて実感することが多くありました。

大滝さん

幸い同年代のお客様も増えてきたため、お客様に対してどんなことに悩んでいるのか、どこを決めかねているのか、ということを聞きやすくなったなと思います。
お客様との対話が増えたことで、お客様に納得していただいた上でランドセルを購入していただくことも増えました。
これからもそういった強みを生かしていければと思います!

悩まれるお客様への対応

そうですね、「カバンのフジタ スペシャリティランドセル」の良さを知っていただき、選んでいただくためにも、日々勉強は欠かせないですよね!


お客様との対話が増えてきたとのことですが、悩まれるお客様も多くいらっしゃいますか?

女の子は色で悩むことが多いので、お客様とのお話の中からオススメを選ぶこともあります。

パッと見てこれ!と決めてしまうこともありますが、やっぱり女の子は悩んで決められる方が多い印象ですね。
男の子の場合は丈夫さ重視で選ばれることも多いのですが、女の子はやはり見た目やファッション性が重視される傾向にあるので…。

特に女の子はパール系の色の中で悩まれることが多いです。
ですから、お客様とお話する中でその女の子に合いそうなものをオススメしたりだとか、会話の中から本当に欲しいものを汲み取ってオススメしたりするように心がけています。

特に人気のランドセル

ランドセルの見た目も、お子さまにとってはランドセルを選ぶ大切なポイントになりますよね。

ランドセルの見た目で言えば、特にヘリコンビのランドセルが2017年度は売れていたと思いますが、特にどのランドセルが人気でしたか?

本店限定のランドセルが人気でした♪

ギャラクシー

ヘリコンビの中ではやはりクロ/ブルーの組み合わせは人気ですね。
あとは本店限定で販売されていた、ギャラクシーのシルバー/ブルーもすぐに売り切れてしまうほどでした!
シルバー/ブルーはパッと見てこれ!と決める男の子が多かったですね。


ギャラクシーのページはこちら>

やはり本店限定商品は人気がありますね!
特に2017年度のランドセルは本店限定商品が多かったので、「ランドセルは本店で」と決めてわざわざ本店に出向いてくださるお客様も多くいらっしゃいました。
本店はおじいちゃんやおばあちゃんの世代からも安心感を持っていただけているのかなと思います。
信頼を得ているからこそ、その信頼に応えられるように、きちんとした知識を身に着けてお客様に接していきたいと思います。

PIC_0002

特にオススメの機能

本店はわざわざ遠方から出向いて来られるお客様も多いですものね。

私もお客様の想いに応えられるように日々勉強したいと思います!


「カバンのフジタ スペシャリティランドセル」にはいろいろな機能がありますが、特にオススメの機能はありますか?

スーパーXベルトとフィットカットのおかげで背負い心地がとっても良いことが自慢です!

最近では大人の方もリュックブームが来ていますよね。
実は私自身もリュックで通勤しているのですが、やっぱり気になるのが背負い心地。
特にお子さまの場合は、ランドセルを背負ったまま走ったり跳ねたりということも多いので、肩からズレたり落ちたりしないランドセルを選ぶことが大切だと思います。

スーパーXベルトとフィットカット

「カバンのフジタ スペシャリティランドセル」はスーパーXベルトとフィットカットを使用していることによって、背負い心地がとっても快適なんですよね!
実はスーパーXベルトは登山用のリュックからヒントを、フィットカットはお子さんをおんぶしているお母さんからヒントを得たんですよね。
背負ったときに身体にぴったりとフィットし腰でしっかりランドセルを支えるため、とても理にかなった構造になっているんです!
背負い心地がとてもいいので、実際に背負っていただくことをオススメいたします♪

woman_2_1_long

特にオススメのランドセル

背負い心地というのは「カバンのフジタ スペシャリティランドセル」の中でも自慢のポイントですよね♪


最後の質問になりますが、オススメのランドセルはありますか?

やっぱりコードバンがオススメです!

コードバンのランドセル

私のオススメはやっぱりコードバンのランドセルです!
私の友人がコードバンのランドセルを使っていて、6年間使ったものを見せてもらったことがあるのですが、コードバンのランドセルはやっぱりすごいんです。
型くずれもほとんどないですし、傷や擦れも目立ちません♪

実はお店の方にランドセルを修理してほしいと持ってこられるお客様がたまにいらっしゃるのですが、やはりコードバン以外の素材だと6年経つ前にシワになってしまっていたり、少し型くずれしてしまっていたり…ということがあるんです。
コードバンは繊維が緻密なので、シワや傷も目立たないんですよね。

大滝さんとコードバンのランドセル

また、コードバンは内装に擦れに強いあめ豚を使用していることもポイントですよね♪
天然皮革の革同士の伸縮性が合っているから、馴染んでとっても使いやすくなります。

コードバンは重いですが、そこはフジタ自慢の背負い心地でカバーしているので、実際に背負っていただくのが一番かなと思います!
コードバンをお求めになるお客様は「お兄ちゃんの時に使って良かったから弟にも…。」というように、良さを知っているからこそ最初からコードバンを目当てに来られる方が多いです。
それだけ丈夫さには定評があるのだと思います。
私自身もコードバンの丈夫さを目で見て実感したので、やっぱりコードバンがオススメかなと思います♪

コードバンのランドセル、プレミアムのページはこちら>

お客様の想いに応えられるように勉強を重ねていきます!

コードバンは他のランドセルよりもお値段が張りますが、その分の良さが実感できるランドセルですよね♪

コードバンが気になるお客様は、実際にランドセルを目で見て触って、丈夫さや背負い心地を実感していただければと思います。


インタビューは以上になります!

大滝さん、ありがとうございました♪


ベテランの販売のスペシャリストだからこそ実感する、お客様に対する想いをたくさん聞けた今回のインタビュー、いかがでしたか?

お客様の想いに応えられるよう、私たち販売のスペシャリストも日々勉強を重ねていきたいと思います!