オレンジのコスモスに映えるお子さま想いのランドセル〜山形県 面白山コスモスベルグ〜

この時期、山形に訪れた際にはぜひ足を運んでほしい、面白山高原のコスモスベルグ。

澄み切った空の青に映えるコスモスベルグのあざやかなオレンジ色は、まるで紅葉のように、一足早い秋の訪れを感じさせてくれる山形の風物詩です。

今がちょうど見頃のコスモスベルグには、八重の花びらが印象的なキバナコスモスが一面に咲きみだれ、まるでふかふかとした絨毯のよう。今日は、そんな秋の訪れをコスモスベルグの写真を添えてみなさんにお届けします。

まるで別世界!一生の思い出に残る美しさ

オレンジのコスモスに映えるキャメルのランドセル

このランドセルをみる▶トラッド キャメル

およそ7haの広大な敷地に咲き乱れる約100万本のオレンジ色のコスモスは、思わず息を呑むような迫力があります。
 
コスモスの深みあるオレンジ色と抜けるような秋の青空が絶妙な組み合わせで、このわずかな限られた時期にしか見られない情景です。
 
離れた場所から見渡すコスモス畑はまるでオレンジの絨毯のようですが、近くで見るとまた違った雰囲気で、すくすくと伸びるコスモスたちに包み込まれるような感覚になれ、より自然の壮大さを感じることができます。

ちなみに、面白山コスモスベルグの由来は、「コスモス」にドイツ語「ベルグ(山という意味)」を掛け合わせており、その名のごとく面白山を登った高原にコスモスが所狭しと咲いており、日本でも有数のコスモス畑です。

あざやかなオレンジに映えるランドセル

オレンジのコスモスに映える赤のランドセル

この広大なコスモス畑の道沿いを足取り軽く歩く女の子。コスモスベルグのこっくりとしたオレンジ色に鮮やかな赤色のランドセルがよく映えています。

私たちフジタのランドセルは、この山形の豊かな地で生まれました。

山形に溢れる多彩な自然のカラーに刺激を受けながら作り上げたフジタのランドセル。「6年間ずっと大好きでいてもらえるランドセル」を目指し作り上げたランドセルは、あえてシンプルなデザインにし、こだわり抜いた豊富なカラー展開になっています。この美しいコスモスベルグを歩くときのように、背負うだけでお子さまの足取りを軽く弾ませてくれるそんなランドセルです。

山形の四季折々の環境から生まれた「お子さま想いのランドセル」

オレンジのコスモスを摘む赤のランドセルの女の子

このランドセルをみる▶サンシャインプリティ ・アカ/ピンク

フジタは、ここ山形県で60年以上ランドセルをつくり続けています。

冬の積雪や夏の猛暑など、めまぐるしく変化する山形特有の四季の中で、たくさんの知恵をもらいながらつくり上げたランドセルには、お子さまの安全と親さまの安心を叶えるこだわりの機能がぎゅっと詰め込まれています。

厳しい環境の中でも心地よく背負えるランドセルだからこそ、日本全国すべてのお子さまにも自信をもってお届けしたい。

それが私たちの想いです。

> フジタのカラーへの想いについてはこちら