ランドセルを丈夫にする工夫がいっぱい!カバンのフジタの適材適所なランドセルづくり

カバンのフジタ スペシャリティランドセルは丈夫さスペシャル級!

6年間使い続けるものなので、ランドセルを選ぶとき丈夫さはとっても気になりますよね。
 
カバンのフジタ スペシャリティランドセルは大容量でマチ幅125cm。
通常のランドセルはマチ幅が大きくなるとつぶれやすくなってしまいますが、
フジタではお客様から「丈夫!」と嬉しい評判をいただいております!
 
今回は、容量と丈夫さを両立しているひみつをご紹介していきます!

強度アップの補強材“しっかりくん”で型くずれを防ぎます!

s_royal_function2_image2

カバンのフジタ スペシャリティランドセルは容量と丈夫さを両立させるために、“しっかりくん”という素材を採用しました。
ランドセルの開き口の部分に頑丈なピアノ線を張っており、負荷のかかる大マチの部分には強度を高めるリブ構造を採用しています。

この“しっかりくん”が、お子さまが壁にもたれかかっても、体重をかけてもへっちゃらな丈夫さの秘密です!

天然皮革(本革)と人工皮革を、適したパーツに使っています!

s_pretty_material

カバンのフジタのランドセルは、ほとんどのモデルにおいて大マチの部分にアーシックという人工皮革を使っています。

はじめにお話ししたように、普通、ランドセルはマチ幅が大きくなるとつぶれやすくなってしまいます。
カバンのフジタ スペシャリティランドセルの場合、特に負荷のかかる大マチの部分には元に戻ろうとする力、
復元力の高い人工皮革を使うことで、マチ幅が大きくてもつぶれにくい構造になっています!

また、一部に人工皮革を使うことで、天然皮革のランドセルの“重さ”の問題も解決しているんです。
この素材の使い分けも、お子さまの使いやすさにとことんこだわった結果なんですよ!

凄腕ランドセル職人の手縫いで、肩ベルトの負担をしっかりカバー!

元気なお子さまは、時に大人が想像できないようなランドセルの使い方もします。
肩ベルトを持ってぶんぶんと振り回したり、友達と一緒になって、ランドセルを両側から綱引きのように引っ張りあったり…。

これらは極端な例だとしても、実際、肩ベルトは特に大きな力が加わるパーツなんです。
例えば、ランドセルを移動させるときに片方の肩ベルトを持ち上げる、なんていう何気ない習慣でも、
負荷が一箇所に集中し、続けているとベルトが傷む原因になってしまいます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-25-15-31-40

カバンのフジタ スペシャリティランドセルは、肩ベルトの上下の付け根を職人による手縫いで仕上げています!

肩ベルトはランドセルの使用感、背負い心地を左右するとても重要なパーツ。

肩ベルトを縫ったとき、ベルトと金具のすき間が大きいと、動いた時に生地を傷つけてしまいます。
逆にすき間が小さくても、肩ベルトの動く範囲が制限されてしまいます。
このすき間の遊びが大きすぎず、それでも動きを邪魔しない絶妙な縫い方ができるのは、ランドセル職人の手腕があってこそです。

ランドセルの要を職人の手で見極めながら仕上げていく“要所手縫い”の工程は、丈夫なランドセルづくりには欠かせないものとなっているんです!

素材にも注目して、丈夫なランドセルを選びましょう!

ランドセルを丈夫さで選びたいとき、つくり以外にも注目したいポイントが“素材”です。


次回の「6年間しっかり支えてくれるのは、牛革やコードバンの丈夫な本革ランドセル!」では、
丈夫なランドセルを選ぶために知っておきたい、ランドセルの素材の特徴をお伝えしていきます!