クラリーノ

クラリーノとクラリーノ・レミニカのランドセルは丈夫で軽くて安心です。

クラリーノとクラリーノ・レミニカのランドセルは丈夫で、
小柄なお子さまでも元気に学校へ通えます!

耐久性を気にする親御さんや、お孫さんと買いにいらっしゃるご年配の方は
「本革じゃなくても品質は大丈夫?」と心配される方もいらっしゃいます。
クラリーノやクラリーノ・レミニカの魅力をお話しします。

背当てにソフト牛革を使用。背負い心地バツグンでより軽く感じます

007_01_image

ランドセル業界でも人気のクラリーノやクラリーノ・レミニカは、その軽さが大きな特徴です。
ランドセルが軽ければ、小柄なお子さまでも放課後、元気にたくさん遊べますね!

また、クラリーノやクラリーノ・レミニカは水や汚れに強い素材でもあります。
ランドセルの劣化を気にせず背負っていただけるのも嬉しいポイントです。

ただし、人工皮革のクラリーノには動物の皮のような毛穴がなく、空気を通しにくいという欠点もあります。

カバンのフジタ スペシャリティランドセルは、
クラリーノのランドセルでも肌に触れる肩ベルトの裏と背あて部分には牛革を使用しています。
ソフト牛革という通気性に優れた素材で、たくさん汗をかく真夏でも背中が蒸れることなく、
快適にランドセルを背負っていただけます!

ランドセルが軽くなるコツで、牛革やコードバン素材もらくらく背負えるかもしれません。

自分だけのランドセル

軽いランドセルの素材としてクラリーノやクラリーノ・レミニカが有名ですが、
繊維が入り組んでいる動物の皮からつくられる天然皮革に比べ、
クラリーノは石油から作られる人工皮革のため破れやすいという特徴もあります。

小柄なお子さまでも、通学距離が短い、体力に余裕があるなどの場合は
コードバンのランドセルをお選びいただいても良いと思います!

実は、重く感じるランドセルでも軽く背負っていただけるコツがあるんです。
ランドセルに触っているお子さまには、重さを確認してもらって「どうかな?」と感想を訊ねるようにしています。
そのとき、手で肩ベルトを持って持ち上げた状態で「重い!」というお子さまがいらっしゃいます。

しかし、ランドセルは肩に背負ってこそ本来の機能を発揮するもの。
ぜひ、実際に背負ってみてください!

よくいらっしゃるのが、肩ベルトが緩んでランドセルが後ろに傾いているお子さまです。
ランドセルが傾いていると、肩や体が後ろに引っ張られてしまい重く感じます。
コツは地面と垂直、体と平行になるようにまっすぐ立てて背負うことです!
ランドセルを正しく背負わせてあげることで、「軽くなった!」と喜ばれるお子さまもいます。

ランドセル軽くするもう一つの大事なコツは、お気に入りのランドセルを選ぶことです。
心から気に入ったランドセルなら、重みを感じず元気に背負っていけるものです。
お子さまには大好きなランドセルを背負って、足どり軽く学校へ行ってほしいですね!

お子さまの小学校生活のモチベーションを上げていく大切なカバンです。
ランドセル選びでお困りの際は、カバンのフジタまでお気軽にご相談ください。
カバン専門店ならではのアドバイスをさせていただきたいと思います!