成長に寄り添う

どんどん大きくな~れ!「手縫い」は君の成長の変化に寄り添います

お子さまと親御さんの声、販売のスペシャリストの豊富な経験、ランドセル職人の高度な技術、
どれか1つ欠けても完成しなかったフジタ独自のランドセル。
それが「スペシャリティランドセル」です。

スペシャリティランドセルにはフジタのこだわりと優しさがたくさん詰まっています。

そのひとつ、「手縫い」について今回はご紹介しますね!

手縫い仕上げが丈夫さの秘密です!

clarino_tokutyou

小学校6年間でお子さまがどのぐらい成長なさるかご存じでしょうか?
入学から卒業までに、全国平均で身長は約32センチ、体重は約18キロも増加します。

親御さんの顔を下から見上げていた小さなお子さまが、
6年後には親御さんと同じぐらいの目線にまで成長します。

ランドセルとは、この成長著しい6年間子どもが毎日背負うカバンなんです。
だから、ランドセルを選ぶポイントとして、成長の変化に耐えられる「丈夫さ」はとても重要になります。

6年間で変化するのは体だけではありません。
学年が上がれば教科も多くなり、教科書やノートなどの荷物も増え、ランドセルにかかる負荷も自然と増えます。
進級と共に増える荷物をしっかり支えるという点でも、壊れにくく丈夫なランドセル選びが大事ですね。

フジタのスペシャリティランドセルは、変化の多い6年間もお子さまが元気いっぱいに使えるように、
特に負荷のかかる部分は手縫いで仕上げています。
手縫いで仕上げることによって壊れにくく丈夫で頑丈なランドセルを可能にしました!

ほつれにくいのが手縫いの特徴です!

clarino_tokutyou

手縫いがなぜ丈夫なのでしょうか?
それにはまずミシン縫いと手縫いの違いをご説明しますね。

ミシンは上糸と下糸があります。
上糸が下糸をひっかけることによって、あのキレイな縫い目ができるんです。
ただし、洋服のほつれなどで誰しも一度は経験があると思いますが、
ミシン縫いは一か所が切れてしまうと、するすると糸がほどけてしまうんです。

一方手縫いは、ほつれにくいのが特徴です。
使う糸にはロウ引きといって、ロウが塗布されています。
ロウ引きされた糸は耐久性が上がり、繊維がほどけず糸がまとまりやすくなります。
手縫いは中で交差する縫い方なので、ロウ引きされた糸はさらに絡みやすく、
たとえ糸が1本切れたとしても下糸がパッとほつれることがありません。
ほつれにくいのが特徴の手縫いは、負荷のかかる部分にはうってつけの縫い方なんです!

微妙で絶妙な調整ができるのが手縫いです!

手縫いは時間も手間もかかります。
そして誰でも縫えるというものではなく、職人の確かな技術が必要となります。
しかし、負荷がかかる部分を頑丈にするには、際のギリギリを隙間なくきっちり縫わなければいけません。
きつ過ぎても、ゆる過ぎてもいけません。この絶妙な力加減は人間の手の繊細な感覚がなせる技です。
変化の多い小学校6年間に対応出来るランドセル作りのためには、手縫いによる微妙な調整はとても大事なんです!

フジタのスペシャリティランドセルが、壊れやすい部分は手縫い仕上げにこだわっているのがお分かり頂けたでしょうか?
それでは次回は「手縫いの場所」についてご紹介します!