かぶせ

細かなところまでお子さま仕様。かぶせの小さなこだわり!

かぶせの形、ステッチ、内装の小さな工夫がお子さまの小学校生活を便利で楽しくします!

かぶせのカーブの小さな違いが、お子さまの大切な持ち物を守る大きな安心感に。

1356

ランドセルの側面のかたちは、大マチのふちのアーチがなく並行で、
かぶせとの間にすき間が開いているメーカーもあったりとさまざまのようです。

カバンのフジタは他メーカーのランドセルについて、
「サイドのすき間から雪が入ってくる」と修理を依頼されたこともありました。

カバンのフジタ本店がある山形県は、冬は豪雪地帯となる雪国です。
猛吹雪の日などはランドセルのすき間から容赦なく雪が吹き込むので、お子さまの大事な荷物が濡れてしまうことも…。

「カバンのフジタ スペシャリティランドセル」のかぶせは、
大マチのふちのアーチにぴ ったりと沿うカーブを描いています。
とても厳しい環境の雪国でつくられるランドセルだからこそ、
全国のお子さまにとっても 使いやすい!と自信を持っておすすめできます。 

 
woman_1_1

曲線のかわいらしいステッチが女の子にうれしい!

0132

ランドセルのかぶせのステッチは何のためにあるのかご存知でしょうか?
かぶせには、鋲をうつとき革がよれてしまわないよう中に板が入っています。
ステッチはその板の部分が縫われているのですね。


通常、このステッチは直線に走っています。
特に男の子にオススメのランドセルではこの直線的なラインはかっこよく映ります。
ですが、女の子にとっては直線的なラインより曲線的なものの方が魅力的に見えるので、
ランドセル業界でも曲線的なステッチが人気のようです。


「カバンのフジタ スペシャリティランドセル」では、女の子におすすめの
ランドセルの多くは、ステッチに曲線を取り入れたデザインになっています!

まるみのあるラインは女の子らしく、
かわいいものが好きでランドセルにもこだわりが強いおしゃれなお子さまにも大人気です!


かぶせはランドセルの顔と言ってもいいくらい、第一印象を決める重要なパーツなので、
かぶせにこだわったランドセルは小学校でも一目置かれる存在になるのではないでしょうか?

小さな日常の不便さもカバー!紙留めで時間割を見やすく固定

多くのランドセルは、かぶせをめくると裏側に時間割などの紙を入れられるスリーブがありますが、
この中の紙がズルズルすべって落ちてくることがあります。
親御さん世代にも、覚えがある方がいらっしゃるのではないでしょうか?

お子さまがランドセルを開け閉めするたびに時間割が落ちてきて、その都度直して…となると、
小さなことですがお子さまにとっても鬱陶しかったりしますよね。
また、時間割のような大切なものをなくしてしまうことに繋がる可能性も…。

「カバンのフジタ スペシャリティランドセル」は紙留めで紙の滑りを防止しています。
日常にありがちな小さな不便もカバーして、毎日快適に使ってもらえるようになっています!

woman_2_1_long

お子さまに便利で楽しい小学校生活をおくってほしいから

見た目から機能面のことまで、かぶせにいっぱいの工夫を詰め込んでいるのは、
初めてのランドセルで子どもたちに喜んでほしい、と心から思っているから。

ランドセル選びでお困りの際は、カバンのフジタまで、どんなことでもお気軽にご相談ください!