牛革のランドセルは丈夫でお子さまの身体によく馴染みます。

お子さまにとって快適なランドセルです!

カバンのフジタ スペシャリティランドセルの中でも特に好評をいただいているのが、牛革のランドセルです!


牛革のランドセルは、お子さまにとって嬉しいことがたくさん。
「ランドセルは絶対クラリーノ」と決めていたという親御さんでも、牛革ランドセルの魅力をお伝えすると
気に入っていただき、牛革のランドセルを選ばれることも多いんです。


そんな牛革のランドセルの特長をご紹介していきますので、ランドセルの素材を選ぶ際の参考にしてみてください!

牛革のランドセルなら、天然皮革ならではの風合いが楽しめます。

concept_function2_cow0105peace

牛革のランドセルは天然皮革ならではの風合いが特長です。
人工皮革のクラリーノなどのランドセルと同じように防水加工を施していますが、革の風合いを活かして加工の膜が薄めに張られています。

牛の皮からつくられる天然皮革のランドセルは、同じ動物である人のからだにもよくなじむんです。

0070

手触りが滑らかなタイプの他に、ランドセルにはめずらしいシボ加工をほどこした個性的なモデル「サンシャイン 901シボ」もご用意しています!

通気性がよく、軽さもカバーして一年中快適です。

牛革は牛の表皮を使用した素材ですから、動物特有の毛穴があります。
この毛穴が通気口の役割を果たし、快適に保つんです!

真夏の暑い日、お子さまは下校中にたくさん汗をかいてきますよね。
牛革のランドセルの場合、学校から帰ってきたら風通しの良いところに置いておけば湿気が抜けていき、汗の不快なべたつきも軽減されます。

素材感の良さだけでなく、お子さまがストレスなく快適に過ごせるという点でも、牛革のランドセルは大変おすすめです!

しかし、牛革のランドセルはクラリーノなどの人工皮革に比べて重いので、その点がネックと考えるお客様も多いです。

3fuzita

「カバンのフジタ スペシャリティランドセル」の牛革ランドセルは、
牛革とアーシックという人工皮革を使い分けることで軽さを実現させました!

かぶせなどのダメージを受けやすい牛革、背当てや肩ベルトなど汗でべたつく場所にはソフト牛革を、
大マチの部分には軽いアーシック(人口皮革)を使用することで、素材の良さを活かしながらも重さの問題を解決しています。

教材の量や大きさが変わったことでランドセルは年々大きくなっていますが、重さは増えず、
お子さまが元気に登下校できるよう工夫されているんです!

次回の「軽さと強さでランドセルを選ぶなら、クラリーノやクラリーノ・レミニカ素材がおすすめです」
では、クラリーノのランドセルについてご紹介します!