【新着】2024年度カタログ請求はコチラ
フジタのブログ はじめてのランドセル選び

ランドセルの値段の平均が知りたい方へ!価格帯ごとの特徴もあわせてご紹介!

ランドセルの値段の平均が知りたい方へ!価格帯ごとの特徴もあわせてご紹介!

ランドセルの平均価格が知りたい方必見です。
この記事では、価格帯によって変わるランドセルの特徴や最も購入されているランドセルの価格をご紹介します。
ランドセルの平均相場が上昇している理由もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

□ランドセルの価格帯ごとの特徴とは?

ここでは、ランドセルを5つの価格帯にわけ、それぞれの特徴をご紹介します。

 

*1万円から2万円台

この価格帯は、できるだけランドセルを購入する費用を抑えたい方におすすめです。
しかし1万円台のランドセルは中国製のものが多いので、購入する際は事前に耐久性を確認しておきましょう。
2万円台のランドセルはネットの通販が主流です。
型落ちモデルのランドセルや流通系メーカーの人気モデルも2万円台で購入できるでしょう。

 

*3万円から4万円台

この価格帯には、国内で製造された大手メーカーの人気ランドセルが当てはまります。
また、プライベートブランドのものでも大手流通の場合は、この価格で購入できます。

 

*5万円から6万円台

5万円台のランドセルは最も選ばれている価格のものです。
大手メーカーだけでなく、工房系のランドセルも視野に入れられます。
素材も人工皮革や牛革などから選べますので、選択の幅も広がるでしょう。

 

*7万円から9万円台

こちらの価格帯だと、大手メーカーや工房系のランドセルの中でも上質なランドセルが選べます。
良い素材のものは耐水性や耐傷性に優れているのでおすすめです。

 

*10万円以上

工房系メーカーのハイグレードモデルや、最高級の牛革が使用されたランドセルは10万円を超えることもあります。
以上が、ランドセルの価格帯ごとの特徴です。
新入学を迎える際は、ランドセル以外にも多くのものが必要になります。
そのため、ランドセルを購入する際は予算を決めておくといいでしょう。

□最も購入されているランドセルの価格帯とは?

ランドセルを購入する際、どれくらいの価格のランドセルを買う人が最も多いのだろうかと疑問に思う人もいらっしゃると思います。
結論から述べると、5万円台のランドセルを購入する方が最も多いです。

次いで、6万円台、7万円台のものが多く買われていて、4万円以下のランドセルを購入する方は約4分の1ほどです。
最も買われているランドセルは5万円台ですが、1万円台のものから上は10万円まで価格の幅が広いです。
なぜ、ランドセルの値段設定には開きがあるのでしょうか。
理由を3つご紹介します。

1つ目は、ランドセルに使用している素材が違うことです。
ランドセルの素材は多くあり、人工皮革からコードバンのような最高級品もあります。
素材が希少であれば価格も高くなる傾向にあります。

2つ目は、機能や収納面での違いです。
当たり前ですが、機能が優れていればその分価格も高く設定されていることが多いです。
また、丈夫なランドセルも高めに価格設定されていることもあります。

3つ目は、有名ブランドとのコラボです。
有名ブランドだけでなく、百貨店などとコラボした限定商品は装飾や素材へのこだわりが強いため価格が高いことが多いです。

□ランドセルの平均相場が上昇している理由とは?

ランドセルの平均相場は年々上昇しています。
約10年で大体2万円以上高くなっており、2021年度最も人気があったランドセルの価格帯は6万5千円ほどでした。
このことからも、ランドセルの価格が高騰していることがわかります。

なぜ、このような現象が起きているのでしょうか。
ここでは、その理由を3つご紹介します。

1つ目は、価格よりも色やデザインを重視したい方が多いからです。
最近では、ランドセルのカラーバリエーションも増え、デザインも特殊なものもあります。
そのため、ランドセルを選ぶ際にデザインや色もこだわるがゆえ、価格が少し高くても仕方ないと思う方もいらっしゃるようです。

2つ目は、ランドセルの品質が向上しているからです。
小学校の教育現場も大きく変化し、小学生が使う教科書のサイズも変わったことでランドセルの品質も変化しました。
また、脱ゆとり教育の影響で教材が大きくなったため、A4サイズのプリントやファイルが入るA4フラットファイルサイズが主流です。

3つ目は、少子化の影響でお子さまにかけられる予算が増えたことです。
各家庭のお子さまの数が減少傾向にあることと、良いランドセルを買ってあげたいという親御さまの気持ちも合わさり、ランドセルの購入予算が上がっています。
また、ランドセルを吟味していいものを購入するラン活が加熱していることも、原因の一つと言えるでしょう。

□まとめ

この記事では、ランドセルの価格帯ごとの特徴をご紹介しました。
現在では、ランドセルの平均価格は上昇傾向にあります。
お子さまに6年間寄り添うランドセルだからこそ、いいものを買ってあげたいという親御さまの気持ちがよく伝わりますね。
ランドセルの購入をお考えの方は、ぜひカバンのフジタにご相談ください。

まだ間に合う2023年新1年生の
ランドセル選び!

お客様相談室

来年、新入学を迎えるお子さまのランドセルはもうお決まりですか?今なら、あの人気シリーズもわずかに在庫がございます。ぜひ一度、お問合せください。 お客様相談室

NEW!!2024年度新カタログ請求
受付中!

カバンのフジタ2023年度カタログ

現在、年中さんを対象にして2024年度のカタログを無料でお届けいたします!
今年大好評だった女の子の光るランドセルに早くも新色をリリース予定です。カタログの部数には限りがございますので、お早めにご請求ください。 2024年度カタログ請求