【数量限定】2023年度カタログ請求受付中
フジタのブログ はじめてのランドセル選び

どんな素材が良い?後悔しないランドセル選びをしましょう!

どんな素材が良い?後悔しないランドセル選びをしましょう!

「ランドセルの素材には、どんな違いがあるのだろう」
「ランドセルの後悔しない選び方が知りたいな」

ランドセルを選ぶ際に、どの素材を選ぼうか迷いますよね。
そこで今回は、ランドセルの素材の選び方と比較、ランドセル選びのチェック項目について紹介します。

 

□ランドセルの素材の選び方について

ランドセルの素材には、
・人工皮革
・牛革
・コードバン
の3種類があります。
それぞれ順番に紹介していきます。

*人工皮革のランドセル

人工皮革は、最も使われているランドセル素材です。
「クラリーノ」という素材もこの人工皮革に含まれ、合成皮革とは違って破けにくい素材です。
メリットとしては、
・価格が安い
・軽量である
・耐水性に優れている
・カラーバリエーションが豊富である
といった点が挙げられます。

しかし後述する天然皮革に比べ、
・耐久性が低い
・見た目や触り心地に高級感が無い
・使い込んでも味が出ない
といったデメリットがあります。

*牛革のランドセル

牛革は以前は主流だった天然皮革で、
・耐久性に優れている
・見た目や触り心地に高級感がある
・使い続けると味が出て、体にフィットする
といったメリットが挙げられます。

デメリットとしては、
・人工皮革よりも高い
・耐水性が低い(一般論です。※ランドセルの牛革は防水性あり)
・メンテナンスが大変である
・人工皮革よりも重い(200グラムくらい)
・量産できず売り切れる可能性がある
といった点が挙げられます。

*コードバンのランドセル

コードバンは天然皮革の1種で、馬1頭からランドセルの蓋2枚分しか取れない貴重な高級皮革です。
メリットとしては、
・耐久性が牛革よりも優れている
・見た目や触り心地の高級感が牛革よりも良い
・使い込むと味が出て、体にフィットする
といった点が挙げられます。

デメリットとしては牛革とほぼ同じですが、コードバンは牛革よりも価格が高いです。
ランドセルの素材で最上級と言われており、高級感があってかなり目立ちます。

ランドセル素材の選び方としては、軽さ・デザイン・高級感・耐久性に優先順位をつけ、順位の高い項目を重視して選ぶと良いでしょう。

□ランドセルの素材を比較すると?

次に、3種類のランドセル素材の性能を4つ比較してみます。
1つ目に軽さを比較すると、
・人工皮革は1000グラムから1200グラム
・牛革は1300グラムから1400グラム
・コードバンは1450グラムから1500グラム
になり、人工皮革が最も軽く、コードバンが最も重い結果になりました。

しかし、ランドセルは軽ければよいというだけではなく、背負い心地も重要です。
お子さまへのランドセルの負担を考えた際に、体にフィットする構造は、体感の重さを軽減するだけでなく、肩や腰への負担を分散できます。
重さだけで判断するのではなく、実際にランドセルを背負ってみて感じる重さも、比較してみると良いでしょう。

2つ目に、丈夫さを比較すると、
・人工皮革は傷がつきにくいが、型崩れしやすい
・牛革は型崩れしにくいが、傷がつきやすい
・コードバンは牛革の2倍以上の強度で、傷にも強い
という結果になり、コードバンが優れています。
人工皮革も以前よりもかなり丈夫になりましたが、牛革には及ばない印象です。

しかし、傷への強さは人工皮革が強く、開発がどんどん進んでいます。

3つ目に、見た目を比べると、
・人工皮革はカラーバリエーションが豊富
・牛革は天然ならではの風合いがあり、使うたびに馴染む
・コードバンは光沢に高級感があるが、カラーバリエーションは少なめ
ということで、何を求めるかによって見た目の優劣は変わってきそうです。
高級感を求める方は天然皮革、特にコードバンがおすすめです。
一方でカラーバリエーションを優先したい方は、人工皮革がおすすめです。

4つ目に、価格を比べると、
・人工皮革は2万円から5万円台
・牛革は5万円から7万円台
・コードバンは8万円以上
が多いです。
人工皮革は予算が安く済むため、たくさんの人が使っています。
一方で牛革とコードバンは、革の品質や性能によって値段が変わりやすいです。
中には一部が合成皮革のランドセルもあるので、しっかりと素材をチェックするようにしましょう。

□ランドセル選びで後悔しないためには?

最後に、ランドセル選びで後悔しないためのチェック項目を紹介します。
後悔しないためにおすすめのチェック項目は、下記の8つです。
・軽さやデザイン重視の方は人工皮革、高級感や耐久性重視の方は天然皮革
・お子さまにとって好みの色で、飽きない色か
・A4が入るサイズか
・耐久性があるか
・背負いやすく感じる工夫がされているか
・反射材など、安全面が配慮されたつくりになっているか
・6年間無料修理ができるか、修理中に貸し出してくれるランドセルがあるか
・予算内に収まるか

このチェック項目を利用して、ぜひご家庭に合わせたランドセル選びにご活用ください。

□まとめ

今回は、ランドセルの素材の選び方と比較、ランドセル選びのチェック項目について紹介しました。
カバンのフジタでは、ランドセルの直接肌に触れる部分に「ふっくら天然牛革」を使用し、体に馴染む快適な背負い心地を実現しています。
カタログ請求も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

まだ間に合う2022年新1年生の
ランドセル選び!

お客様相談室

来年、新入学を迎えるお子さまのランドセルはもうお決まりですか?今なら、あの人気シリーズもわずかに在庫がございます。ぜひ一度、お問合せください。 お客様相談室

NEW!!2023年度新カタログ請求
受付中!

カバンのフジタ2023年度カタログ

現在、年中さんを対象にして2023年度のカタログを無料でお届けいたします!
今年大好評だった女の子の光るランドセルに早くも新色をリリース予定です。カタログの部数には限りがございますので、お早めにご請求ください。 2023年度カタログ請求