フジタのブログ はじめてのランドセル選び

ランドセルのマチ幅は要確認!サイズを選ぶ上で知っておきたいポイントもご紹介!

ランドセルには種類がたくさんあり、何を基準に選べばいいのか、迷いますよね。
ランドセルを選ぶときは、色やデザイン、背負い心地など、様々な基準があります。
そこで今回は、様々な基準の中からサイズに注目し、サイズの基本情報、サイズ選びで知っておきたいポイントを紹介します。
カバンのフジタのランドセルについても紹介しますので、ランドセル選びの参考にしてください。

 

□ランドセルのマチ幅は要確認!サイズの基本情報についてお伝えします!

ランドセルには、横幅のみ対応したA4クリアファイル対応サイズ、横幅も縦幅も対応しているA4クリアファイル対応サイズ、A4フラットファイル対応サイズの3種類のサイズがあります。
横幅のみ対応のA4クリアファイル対応サイズは、横幅22センチメートル×縦幅30センチメートルです。
横幅はA4クリアファイルが入るサイズですが、縦幅は対応していないので、ファイルが折れてしまいます。

横幅も縦幅も対応しているA4クリアファイル対応サイズは、横幅22センチメートル×縦幅31センチメートルです。
A4クリアファイルがぴったり入る大きさです。
A4クリアファイルより大きいものは入らないので、注意してください。

A4フラットファイル対応サイズは、横幅23センチメートル×縦幅31センチメートルです。
A4クリアファイル対応サイズよりも大きく、現在販売されているランドセルは、ほとんどがこのサイズです。
しかし、古い校舎の場合、A4フラットファイル対応サイズはロッカーに入らないこともあるようです。
事前にロッカーの大きさがわかる場合は、購入前に一度確認していきましょう。

また、小マチと前ポケットの大きさも重要です。
小マチには、蛇腹タイプと箱型タイプがあります。
蛇腹タイプはマチの幅を荷物に合わせて変えることができます。

しかし、蛇腹になっているため、入る荷物の横幅が限定されます。
箱型タイプは、サイズ調節は不可能ですが、大マチと同じように教科書やノートの収納ができます。
前ポケットは、ファスナー付きなので、自宅の鍵や絆創膏などを収納するのに便利です。
前ポケットの形には、ラウンド型、旧ストレート型、ストレート型の3種類あります。
ラウンド型は、ポケットの側面までファスナーがついており、大きく開くので中身が取り出しやすいです。

旧ストレート型とストレート型は、どちらもランドセルの上部にファスナーがついているタイプです。
ラウンド型に比べてコンパクトなデザインですが、中身が取り出しにくいです。

 

□ランドセルのサイズを選ぶ上で知っておきたいポイント

ランドセルのサイズ選びで知っておきたいポイントを3つ紹介します。
1つ目は、学校に持っていくものを知ることです。
教科書や筆箱だけでなく、給食グッズや体操服なども学校に持っていく必要があります。

2つ目は、通学距離、体格です。
通学距離が長い場合、お子さまの体格が小さい場合、少しでも負担が軽い方がいいですよね。
カバンのフジタのランドセルは、全ラインナップに「NICE&COZYユニット」を標準搭載しており、軽い背負い心地を実現しています。

3つ目は、ロッカーの大きさです。
先ほど紹介したように、古い校舎の場合、現在多く流通しているA4フラットファイル対応サイズのランドセルがロッカーに入らない場合があります。
事前にロッカーの大きさを確認しましょう。

 

□カバンのフジタのランドセルのマチ幅は業界最大級!

先ほど紹介したように、ランドセルのサイズには3種類あります。
カバンのフジタのランドセルは、大マチのサイズが横幅23.5センチメートル×縦幅12.5センチメートルと、業界最大級です。
また、カバンのフジタはランドセルの背負い心地に強いこだわりを3つ持っています。

1つ目は、肩ベルトの裏、背あての素材です。
使うほどやさしく体になじむ、ふっくらとした天然牛革を使用しています。
天然皮革はなじみやすく、一人ひとりの背中のかたちに合わせるようにフィットします。
負荷が背中全体に分散するため、軽く優しい背負い心地を実現します。
また、天然素材ならではの肌あたり、通気性の良さで夏はムレないで、冬は温かく背負うことができます。

2つ目は、スーパーXベルトです。
スーパーXベルトは大きく曲線を描いており、正面から見るとアルファベットの「X」のような形状をしています。
そのため、肩・胸・脇腹にぴったりフィットし、重さを効率よく分散します。
走っても飛び跳ねても、ランドセルが身体に密着します。

3つ目は、フィットカットです。
腰に当たる部分を大きく盛り上げた背あてには、フィットカットを採用しています。
スーパーXベルトが肩・胸・脇腹に荷物の重さを分散し、フィットカットが背中と腰で荷物の重さを支えます。
肩にかかる負担をさらに軽減し、軽い背負い心地を実現します。

 

□まとめ

ランドセル選びに、サイズ、背負い心地はとても重要です。
大きいサイズであることは重要ですが、同時に大きさをカバーする背負い心地が必要になります。
カバンのフジタのランドセルは、業界最大級の大マチの大きさと、背負い心地にこだわっています。
もうすぐ小学校入学を迎えるお子さまをお持ちの親御さま、祖父母さまは、ぜひ一度カバンのフジタのランドセルをご検討ください。

まだ間に合う2023年新1年生の
ランドセル選び!

お客様相談室

来年、新入学を迎えるお子さまのランドセルはもうお決まりですか?今なら、あの人気シリーズもわずかに在庫がございます。ぜひ一度、お問合せください。 お客様相談室

NEW!!2024年度新カタログ請求
受付中!

カバンのフジタ2023年度カタログ

現在、年中さんを対象にして2024年度のカタログを無料でお届けいたします!
今年大好評だった女の子の光るランドセルに早くも新色をリリース予定です。カタログの部数には限りがございますので、お早めにご請求ください。 2024年度カタログ請求