カバンのフジタ

カート フリー
ダイヤル
女の子 男の子

フジタのブログ はじめてのランドセル選び

丈夫な牛革のランドセルは、どんどん力強くなる君をしっかり受け止めます!

丈夫な牛革のランドセルは、どんどん力強くなる君をしっかり受け止めます!

前回の「通気性ばつぐん!呼吸する牛革のランドセル」では、牛革の「通気性」についてご紹介しました。
今回は、牛革の「耐久性」についてご紹介します!

牛革はとっても丈夫なんです!

天然皮革の牛革の最大の特徴はなんといっても、革がとても丈夫なこと!
 
天然皮革は動物の細胞からできています。動物の細胞は、
細かい糸が絡み合ったような構造をしているので、とても強度があります。
中でも牛革は、全体的に組織密度のバラつきが少なく、厚みが均一なので、耐久性に優れた素材なんです!

お子さまが6年間使うカバンだから、ランドセルは耐久性が重要です!

ランドセルは6年間という長い年月、毎日使うカバンです。
しかもランドセルを使うのは、と~っても元気いっぱいな子ども達!
特にやんちゃな男の子は、ランドセルを放り投げたり、地面に直接置いたまま遊んだり、ランドセルの扱いが乱暴になりがち。
 
「うんうん、自分が子どもの頃もランドセルを放り投げて遊びに行ってたなぁ」
と、ご自身の子ども時代を思い出して、思わず頷いてる親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか?
 
大人でも同じカバンをずっと使い続けていれば、傷んだり壊れたりするんですから、
子どもが6年間毎日使うランドセルは一番丈夫なカバンでなければいけませんよね。
そして、小学校の6年間は成長の変化も著しい時期なので、変化にも耐えられる耐久性も重要です。

毎日お子さまを見ていると日々の成長はなかなか気づきにくいものですが、
小学校の6年間で身長は約32㎝、体重は約18㎏も増えるんです!
成長のスピードはお子さまによって違いますが、卒業する頃には親御さんと同じ目線の高さまで成長するお子さまもいます。
牛革のランドセルは、丈夫で破れにくいので、どんどん大きくなる元気いっぱいな子ども達にぴったのランドセルですね♪

素材だけじゃない、作りも丈夫なフジタのランドセル

カバンのフジタ スペシャリティランドセルの牛革ランドセルは、壊れにくく、とても強いランドセルなんです!
その秘密をご紹介します。

丈夫だから元気いっぱいに使えるしっかりキューブのランドセル

フジタのランドセルは全て大容量でコンパクトなキューブ型のランドセルです。
キューブ型はマチが大きい分荷物がたっぷり入って便利なんですが、
中の空間が広いためにつぶれやすいという問題がありました。

しっかりくん

カバンのフジタ スペシャリティランドセルは、
開口部に頑丈なピアノ線(鉄芯)を貼って、リブ構造にすることで補強力がアップした“しっかりくん”という補強材と、
特に負荷のかかる大マチ部分には、元に戻ろうとする力や復元力の高い人口皮革を使用することで、
125mmの大きなマチ幅でもつぶれにくい強いランドセルを実現したんです!

これがフジタこだわりのしっかりキューブのランドセルです。

手縫い

また、負荷がかかりやすく壊れやすい肩ベルトと下ベルトのつけ根を手縫いで補強しています。
なぜ手縫いなのかというと、負荷がかかる部分を頑丈にするには、際のギリギリを縫わなければいけないからなんです。
これはミシンではできません。
手縫いする部分はわずか数センチの細かな部分ですが、丈夫なランドセル作りには絶対に外してはいけない作業だとフジタは考えます。

牛革本来の耐久性と、
「元気いっぱいに使って欲しい」という想いから生まれた数々のこだわりで完成したのがフジタの牛革ランドセルなんです!
 
「まるで身体の一部!牛革のランドセルは使うほどになじんでいきます」では、
今回お伝えしきれなかった牛革のさらなる魅力についてご紹介します♪