カバンのフジタ

女の子 男の子 カート フリー
ダイヤル

フジタのブログ はじめてのランドセル選び

丈夫で耐久性のあるランドセルの素材「コードバン」についてご紹介します

丈夫で耐久性のあるランドセルの素材「コードバン」についてご紹介します
syuhu1
 

丈夫で耐久性のあるランドセルの種類はどれですか?

コードバンと牛革がおすすめです

0105peace

ランドセルにはコードバン、牛革、クラリーノがあります

 

フジタの製品をご検討いただき、誠にありがとうございます。

6年間ずっと使うランドセル、「途中で壊れてしまわないか…」と不安になってしまいますよね。

しかし、フジタは「丈夫さ」に重きを置いたランドセルメーカーですから、ご安心くださいね。

まずランドセルの素材ですが、代表的な素材が3つあります。

・コードバン(馬の革)

・牛革

・クラリーノ(人工皮革)

 

当社はすべての素材を扱っており、すべての素材で6年間ずっと使えるような耐久性を誇っています。

その中でも、「丈夫さ」を重視されるお客様に特におすすめしたいのが、「コードバン」と「牛革」です

まずは「コードバン」の良さについてご紹介しますね。

 

硬くて繊維が入り組んでいるから丈夫なんです

コードバンと牛革はとても丈夫で耐久性があり、型くずれしづらく、壊れにくい素材です。

その中でも「コードバン」を使っているのが、フジタの「スペシャリティランドセル」。

「コードバン」のランドセルを触っていただくとわかるのですが、とても硬くてしっかりとした感触ですよね。

この理由は、硬い繊維を使っているから。

「コードバン」は、繊維が入り組んでいて硬い素材となっているんです。

ちなみにフジタの「スペシャリティランドセル」ですが、表面の傷がつきやすい部分にコードバンを使用しています。

また、表面以外は丈夫で耐久性のある牛革を使用しています。

それだけ丈夫で耐久性のある素材を使用しているランドセルですから、やんちゃなお子様でも安心して背負わせられますよね。

syuhu1
 

コードバンとはどういう素材ですか?

馬のお尻の革からできた希少な素材です

 

「コードバン」とは、馬のお尻からとれた革を使用している素材のこと。

この「コードバン」、実は馬一頭からランドセル1個分ぐらいしか取れないってご存知でしたか?

つまり、とても希少性の高い革なんです。

 

「コードバン」を馬から採取するときは、皮の表面を少しずつ削って、この「コードバン層」のみを取り出します。

この採取方法が宝石の採掘に似ていて、なおかつ希少性の高い革であることから、コードバンは「革の宝石」と呼ばれるほど。

 

しかも一番繊維が入り組んでいて硬い、お尻の真ん中の部分だけを使用しているので、本当に使用できる革の量が少ないんです。

 

また、最近はランドセルのサイズが大きくなっているので、一頭からの採取の量がとても難しくなっています。

また、傷を付けずに革を作るには熟練の腕と高い技術が必要な、非常に希少な革なんですよ。

 

そんな硬くて丈夫な革ですから、ミシンで縫う技術が必要です。

なおかつ、一切傷つけないまま、きれいに磨き上げる腕も必要。

それを可能とするのが、フジタ自慢の技術者たち。

高い技術を持った技術者がミシン・手縫いを合わせて仕上げ、補強もしっかりとしていますので、縫製の点でも耐久性が期待できますよ。

syuhu1
 

他の素材との違いはどこですか?

使っていくにつれて成長する素材です

 実は、「丈夫さ」という点ではコードバン、クラリーノ、牛革、すべて同じなんです。

 出荷の時点では、どれも同じだけの耐久性をもっており、6年間壊れずに使い続けられるように作られています。

 しかし、「コードバン」と牛革は、馴染み具合、手? ??りのよさ、ツヤ感が使うたびに出るような素材なんです。

 つまり、使っていくにつれて成長する素材ということ。

 どんどん体に馴染み使いやすくなっていく素材ですから、お子様もご満足されること間違いなしです。

 

内側にはスレに強い豚革を使用しています 

0547_2

 また、ランドセルの内側の黄色い部分には「あめ豚」(豚革)を使用しています。

 豚革はスレに強く、摩擦で白くなることが少ない素材。

 教科書の出し入れを頻繁に行うランドセルにはもってこいの素材なんです。

 

 また、フジタはランドセルを作り続けているメーカーですが、高級なランドセルの内側には必ずあめ豚革を使うようにしていたんです。

 つまり、昔ながらで懐かしい、伝統的な製法のランドセルなんですよ。

syuhu2
 

丈夫な素材を選ぶなら「コードバン」か「牛革」がおすすめなんですね。

耐久性があって、縫製もよく、内側までこだわりぬかれているなんて、本当に「スペシャリティランドセル」なんだなぁと感じました。

6年間も使うものだから、どんどん体に馴染んでくるのもいいですよね。

そんな「コードバン」のランドセルについて、もっと教えてください!