【数量限定】2023年度カタログ請求受付中
フジタのブログ はじめてのランドセル選び

使い終わったランドセルは捨てるしかない?ほかの方法もご紹介します!

使い終わったランドセルは捨てるしかない?ほかの方法もご紹介します!

使い終わったランドセルの処分に困っている方は、ぜひこの記事をご一読ください。

今回は、ランドセルを捨てる方法をご紹介します。
また、捨てる以外の方法についてもご案内いたします!

□ランドセルを捨てる方法をご紹介します!

ここからは、ランドセルを捨てる方法をご紹介します。

まず、1番大切なのは各自治体の捨て方に合わせて処分することです。
カバン類は燃えるゴミとして処分する自治体が多いです。
そのため、燃えるゴミとして処分するのが一般的でしょう。
しかし、金具の部分は燃えないため、燃えるゴミとして出す際には外す必要があります。

また、人工皮革の場合は、有害物質が発生するリスクがあるため、事前に自治体に確認してから処分しましょう。
なお、燃やせることが明記されているランドセルもあり、その場合は燃えるゴミとして処分できます。

ランドセルの処分方法については、自治体によって細かく定められています。
燃えるゴミに出す地域や燃えないゴミに出す地域など、地域によって処分方法が異なるので、事前に確認しておくようにしましょう。

□捨てる以外の方法をご紹介します!

ここからは、捨てる以外の方法をご紹介します。

1つ目は、寄付することです。
大きなメリットとしては、処分費用がかからないことに加えて、再利用してもらえることが挙げられます。
ランドセルは耐久性が高く、お子さまが卒業された後も使い続けられることが多いです。

まずは欲しがっている方がいないか探してみましょう。
お子さまが小学校を卒業して使わなくなってしまっても、新しく入学させる親御さまには需要があります。

また、送料はかかりますが、発展途上国に寄付する団体もあるので、ぜひ検討してみてください。
経済的な問題からランドセルを買ってもらえない子供たちに使ってもらえます。
気をつけるべき点としては、破損や汚れがひどい場合には寄付できない可能性があることです。
また、豚革を使っている場合は、宗教上の理由から送れない国があることにも注意しましょう。

2つ目は、リメイクすることです。
大きなメリットとしては、思い出の品を残しておけることが挙げられます。
リメイクを行っている工房で財布やペンケース、キーホルダーなどにリメイクできます。
つくるものによって異なりますが、1つのランドセルから5、6個のアイテムをつくれるでしょう。

気をつけるべき点は、ひどく汚れていたりひび割れを起こしていたりすると、リメイクできない場合があることです。
可能かどうかは工房に問い合わせてみましょう。

3つ目は、保管しておくことです。
クリーニングしてから保管しておくこともおすすめです。
費用の相場は6000円から10000円くらいでしょう。

ランドセルの耐用年数は8年から10年くらいです。
保管する場合は、きれいな状態を維持するためにも、以下の点に注意しましょう。

・直射日光や湿度の高い場所を避けること
・天気の良い日中に定期的な日陰干しをする
・ナイロンやビニールではなく不織布のケースに入れる
・汚れがひどい場合は、中性洗剤を薄くとった布で全体的に拭き、水拭きしてよく乾かす

4つ目は、買取サービスを利用することです。
大きなメリットとしては、保存状態が良いと高額で取引可能であることが挙げられます。

フリマアプリやネットオークションを利用して売ったり、リサイクルショップで売ったりできます。
手間はかかりますが、少しでも高く売りたい方や慣れている方にはフリマアプリやネットオークションがおすすめです。
その際、トラブルにならないように傷の有無や汚れなどの状態をしっかりと伝えるようにしましょう。

また、高く売るためには2つのコツがあります。

まずは、できるだけきれいな状態にすることです。
丁寧に使用することに加え、手入れも怠らないようにしましょう。

次に、付属品を揃えることです。
買ったときの箱や保証書なども揃えて売ると、高く買い取ってもらえるでしょう。

□ランドセルの処分にかかる費用の目安をご紹介します!

ここからは、ランドセルの処分にかかる費用の目安をご紹介します。

まず、捨てる場合についてです。
捨てる場合は、回収費用がかからない自治体が多いです。
自治体の指示に従って捨てましょう。

次に、リメイクする場合についてです。
リメイクする場合は、費用がかかります。
もちろん依頼する工房やどのようなものに加工するかによって異なりますが、5,000から20,000円くらいが相場です。
なお、ランドセルを送る必要がある場合は、送料として1,000円くらいかかるでしょう。

最後に、海外に寄付する場合についてです。
海外に寄付する場合も、費用がかかります。
ほとんどの場合、寄付を受け付ける団体の日本国内の倉庫までの送料と、対象国までの輸送費を負担する必要があります。
ランドセル1つにつき2,500から3,000円くらいかかるでしょう。

□まとめ

この記事では、ランドセルの処分方法について解説しました。
捨てる以外にもさまざまな選択肢があるので、自分に合うものを選択しましょう。
使い終わったランドセルの処分で悩んでいる方は、本記事を参考にしていただけると幸いです。
また、ランドセルをご検討中の方は、ぜひカバンのフジタまでご連絡ください。

まだ間に合う2022年新1年生の
ランドセル選び!

お客様相談室

来年、新入学を迎えるお子さまのランドセルはもうお決まりですか?今なら、あの人気シリーズもわずかに在庫がございます。ぜひ一度、お問合せください。 お客様相談室

NEW!!2023年度新カタログ請求
受付中!

カバンのフジタ2023年度カタログ

現在、年中さんを対象にして2023年度のカタログを無料でお届けいたします!
今年大好評だった女の子の光るランドセルに早くも新色をリリース予定です。カタログの部数には限りがございますので、お早めにご請求ください。 2023年度カタログ請求