【数量限定】2023年度カタログ請求受付中
フジタのブログ はじめてのランドセル選び

リュックにはないランドセルの機能とは?それぞれの特徴も解説!

リュックにはないランドセルの機能とは?それぞれの特徴も解説!

通学に使うカバンをリュックにするかランドセルにするかは決まりましたか。
それぞれのメリットをしっかりと把握することが、ベストな選択への近道です。
この記事では、それぞれの特徴と、ランドセルの特別な機能をご紹介します。
そして、小学生にはどちらがおすすめなのかも解説します。

□ランドセルの特別な機能とは?

使う場面が明確にイメージできるランドセルは、至る所に工夫が施されています。
ここでは、ランドセルの特別な機能をご紹介していきます。

まずは、耐久性が高いことです。
小学校は何年通うでしょうか。
そう、6年間です。
これほどの長い期間毎日使うことを考慮すると、必要な耐久性はかなりのものです。

もちろん、そのことを想定してつくられているので、傷や汚れはもちろんのこと、雨にも負けない優れものです。
耐久性について心配する必要はないでしょう。

なお、定期的にメンテナンスも行うと、さらに長くお使いいただけます。
ずっと使い続けるものですから、たまにはお手入れをしてあげましょうね。

次に、背負いやすいことです。
負荷が分散して、肩だけに負荷にかからないように工夫されています。
また、背あてはクッション性が非常に高いほか、体にフィットするようにつくられています。
そのほかにも、肩ベルトに負担を軽減する効果があります。

そして、安全性が高いことです。
反射材だけでなく、小学生の必需品である防犯ブザーをつけられるナスカンがあり、安全性が高いでしょう。
そのため、夜道も安心ですね。
加えて、巻き込まれてしまうのを防ぐために、ナスカンはある程度の負荷がかかると外れるようになっています。

次に、収納力があり荷物を整理しやすいことです。
教科書だけでなく、筆記用具やファイルなど、学校に必要なものは多いです。

それらを収納可能な大きさにつくられているため、整理しやすいです。

□ランドセルとリュックのメリットとデメリットをご紹介します!

ここからは、ランドセルとリュックのメリットとデメリットをご紹介します!

まずは、ランドセルについて解説します。
メリットは、耐久性と安全性の高さです。
圧倒的な耐久性だけでなく、転倒してしまったときにはクッションの役割を果たしてくれるため、安心感があります。

また、教科書は重いため、体への負担がかかります。
それを少しでも少なくするために、フィット感やバランスをしっかりと考えて設計されています。

デメリットはリュックと比較した場合に重いことです。
このデメリットに関しては、負担を軽減する工夫のほか、耐久性や安全性の高さの観点からみても、気にするほどのマイナスポイントではないと考えられます。

次に、リュックについて解説します。
メリットは、ランドセルと比べると軽いことです。
背中にフィットするため、転倒した際の助けくらいにはなります。

デメリットは、耐久性にあまり期待できないことです。
使う期間を考えると、耐久性に妥協はできませんよね。
このデメリットは大きなマイナスポイントでしょう。

□結局どちらがおすすめかを解説します!

さまざまな理由から、小学生におすすめするのはランドセルです。
ここからは、その理由をご紹介します。

まずは、中身を保護してくれるからです。
ランドセルが雨に濡れてしまっても、布製のカバンのように中のものが濡れることはほとんどないですよね。
小さなお子さまの場合、上手く傘をさせないこともあります。
そのような場合でも安心ですね。

次に、衝撃から保護してくれるからです。
ランドセルはとても分厚いですよね。
さらに耐久性も高いため、もし転倒してしまっても、衝撃から保護してくれるでしょう。

ある事例をご紹介します。
ある日、小学生が交通事故にあってしまいました。
そのとき、ランドセルがクッションのような役割を果たし、軽症で済んだのです。
背中から落ちたため、衝撃を吸収して頭がぶつかるのを防いでくれました。

3つ目の理由は、体に負担がかかりにくいからです。
手提げカバンで通学している場合を想像してみましょう。
体の片側だけに負担がかかることは簡単にイメージできますよね。

小学生は荷物がとても多いです。
たくさんのものを持ち運ばなければならないため、これを6年間もそのような状態が続くと、お子さまの体が歪んでしまうかもしれません。

そこでランドセルの出番です。
お子さまの肌に触れる肩ベルト・背あてに工夫が施されているため、重い教科書を入れても重さを感じづらく、最小限の負担で荷物を運べるでしょう。

リュックの場合を考えてみましょう。
カバンそのものは軽いかもしれません。
しかし、重いものを入れると重心が下に下がる為、重さを感じやすくなります。。

また、歩いたり走ったりするときに、カバンが大きく左右上下に揺れることでも体に負担がかかります。

□まとめ

以上、ランドセルとリュックの特徴、そしてランドセルの特別な機能を解説しました。
さまざまな工夫が詰まったランドセルは、小学生にぴったりのカバンですね。
本記事を参考にしていただけると幸いです。
何かご不明な点がございましたら、ぜひカバンのフジタまでご連絡ください。

まだ間に合う2022年新1年生の
ランドセル選び!

お客様相談室

来年、新入学を迎えるお子さまのランドセルはもうお決まりですか?今なら、あの人気シリーズもわずかに在庫がございます。ぜひ一度、お問合せください。 お客様相談室

NEW!!2023年度新カタログ請求
受付中!

カバンのフジタ2023年度カタログ

現在、年中さんを対象にして2023年度のカタログを無料でお届けいたします!
今年大好評だった女の子の光るランドセルに早くも新色をリリース予定です。カタログの部数には限りがございますので、お早めにご請求ください。 2023年度カタログ請求