しっかりキューブ

「丈夫でコンパクト・大容量」のしっかりキューブ。

マチ巾
12.5cmの
大容量

型くずれ防止
しっかりくん
補強

負担がかかる
部分には
手縫い仕上げ

ヘリがない分
2cm
コンパクト!!

「丈夫でコンパクト・大容量」の
しっかりキューブ。

「丈夫でコンパクト・大容量」のしっかりキューブ。

フジタのランドセルは、小さなお子さまでも負担が軽くなるように、横幅がコンパクトになったキューブ型です。
でも、キューブ型のランドセルはつぶれやすいイメージがございます。
それを改良し、型くずれしにくい丈夫さを実現する工夫をいたしました。
さらに手ぶらで通学してもらえるよう大容量も実現しました。
しっかりキューブ。これが私たちの考える、ランドセルの理想形です。

しっかり丈夫

フジタのしっかりキューブは、特殊な芯材を使った「しっかりくん」を使用しています。
また、負担が大きくかかるベルトの付け根などを手縫いでしっかり補強し、「しっかり丈夫」なランドセルに仕上げています。

コンパクト・大容量

フジタのしっかりキューブは、平均よりもマチが1cm大きいつくりになっているので、荷物をたくさん収納することができます。
また、容量が大きくなった分、ランドセル自体が大きくなり重くなるのでは?と思う方もご安心。ヘリを2cmなくすことで「コンパクトで大容量」なランドセルに仕上げています。

“しっかりくん”で、丈夫で大きなマチを実現。

しっかりキューブ

POINT1

“しっかりくん”で、
丈夫で大きなマチを実現。

“しっかりくん”で、丈夫で大きなマチを実現。
❶ ピアノ線(鉄芯)内蔵部分
開口部は、つぶれに強くするため太いピアノ線を張っています。
❷ リブ構造部分
大マチ部分の補強材は、強度を高めるリブ構造を採用しています。

「しっかりくん」とは、メインの収納の開口部にピアノ線(鉄芯)を内蔵し、大きな力が加わるマチ部分には、リブ構造の補強プレートを内蔵した、型くずれ防止のフジタ自慢の補強材です。125mmの大きなマチも、本来であれば型崩れしやすくなってしまいますが、しっかりくんを使えばつぶれにくい構造に仕上がるので、丈夫で大きなマチを実現することができます。

POINT2

想いを込めて、手縫いで仕上げる。

想いを込めて、手縫いで仕上げる。

フジタでは、負担が大きくかかる部分は鋲で留め、その後手縫いで補強をしています。特に、手縫いでしかできない金具の際(きわ)を縫うことで、より丈夫で一針一針職人の想いと高度な技術が詰まった丁寧な仕上げとなっております。

POINT3

横幅は2cm小さく、
マチは1cm大きくしました。

従来の学習院型
従来の学習院型

縫いシロのへりが外に出てしまっているため、容量は大容量ですが、外寸は大きい仕上がりになっています。

ヘリがない分
2cm
コンパクト!!

従来の学習院型
しっかりキューブ型

縫いシロのヘリがなくなり、見た目はコンパクトですっきり。
容量は大容量のままに仕上げました。

従来の学習院型
従来の学習院型

平均的なマチのサイズですと、荷物が多かった場合たくさんの荷物を入れることができず、手で荷物を持つことになってしまいます。

平均よりマチを
1cm大きく
しています

従来の学習院型
しっかりキューブ型

マチを1cm大きくし、手に荷物を持つことのないよう、
荷物をたくさん入れれるように仕上げました。