フジタのブログ はじめてのランドセル選び

ランドセル選びのポイントについて解説します!

ランドセル選びのポイントについて解説します!

お子さまのランドセル選びに困っている方はいらっしゃいませんか。
ランドセルは卒業するまで使うものなので、失敗は避けたいですよね。
しかし、どのようなポイントを意識して選べば良いのか分からない方もいるでしょう。
そこで今回は、ランドセル選びをする際に気をつけたいポイントについて解説します。

□ランドセルに関する失敗事例について

これからお子さまが小学校に入学する場合は、ランドセルを購入する必要がありますよね。
お子さまのためにこだわりを持ったランドセルを買ってあげたいとお考えの方も多いでしょう。
しかし、ランドセルに関する失敗は多岐にわたります。
そのため、これから購入される方は失敗につながる原因についてあらかじめ知っておきましょう。

ここからは、ランドセルに関する失敗事例について紹介します。

1つ目は、値段に関する失敗です。
ランドセルを購入するのは1回きりなので、少しでも良いものを買ってあげたいですよね。
そのため、少し値段が高めのモデルの購入を検討されている方もいるでしょう。
しかし、これは注意が必要です。

なぜならお子さまはいくら高価なものであっても、その価値がまだ分からず乱暴に扱う可能性があるからです。
大切に扱ってくれないお子さまを見て腹が立ってしまう可能性もあるので注意しましょう。

一方で、価格が安いものにも注意が必要です。
やはり価格に応じて見た目の良さや機能性などは劣ってしまう場合があり、後悔してしまう恐れがあります。
さまざまな側面から考えて、購入するものを決めるようにしましょう。

2つ目は、デザインやカラーに関する失敗です。
小学校に入学する前にお子さまは、派手で奇抜なデザインやカラーのランドセルが欲しいと言い出す場合もあるでしょう。
しかし、派手で奇抜なランドセルが原因となり、学校で何かのトラブルが起きてしまう可能性もあるので注意が必要です。

その他にもカラーによっては汚れが目立つ場合もあるので、デザインとカラー選びには十分に気をつけてください。

□ランドセルを選ぶ際のポイントについて

購入するランドセルを選ぶ際には、気をつけたいポイントがいくつかあります。
ここからは、それらについて紹介します。

1つ目は、素材です。
ランドセルには数種類の素材が用いられていますが、それぞれで持っている特徴が異なります。
一般的に用いられている素材は、人工の素材と天然の素材です。
人工の素材は、一番の主流となっている素材です。
天然の素材と比べてカラーバリエーションが豊富という特徴がありますが、耐久性に劣るいう欠点もあるので注意しましょう。

天然の素材は、流通量でこそ劣りますが高級感がある見た目は非常に魅力的です。
耐久性能にも優れているので、6年間安心して使えるでしょう。
しかし、重量が重いという欠点もあります。
自宅から学校までの距離が遠い場合は、ランドセルの重量が大きな問題につながる恐れがあるので注意が必要です。

2つ目は、デザインとカラーです。
先ほどの失敗例でも紹介しましたが、これは特に注意が必要なポイントです。
お子さまの意見を取り入れつつ、6年間安心して使えるものを選びましょう。

3つ目は、大きさです。
最近の小学生は以前と比べて荷物が多いです。今後タブレットの配布もスタートし、教科書とデジタルのダブル学習で転換期の小学生にとっては、ランドセルの荷物が増えるでしょう。
高学年になるにつれて教科書の量も増えるので、収納力のあるタイプを選びましょう。

4つ目は、背負い心地です。
登下校時にランドセルの重みがお子さまの負担にならないようにするには、背負い心地の良いタイプを選ぶのがおすすめです。
最近では快適な背負い心地を実現するために、肩ベルトや背中のクッションに工夫が施されたランドセルも存在します。
このような機能性にも目を向けて、購入するものを選ぶのがおすすめです。

□ラン活をスタートする時期について

皆さまはラン活という言葉を聞いた経験はありますか。
この言葉はひと昔前までは存在していませんでした。
しかし、ランドセルを購入するための活動が盛んになった近年の状況を受けて、この言葉が使われるようになりました。
この言葉ができた背景からも分かるように、年々ランドセルを購入するための活動は加速しています。

ここからは、ランドセルを購入するための活動をいつスタートさせれば良いのかについて紹介します。
結論から言うと、1月から3月までにはスタートを切っておくのがおすすめです。
購入時期が早まっているという現状を受けて、メーカーによっては1月中に販売を開始するケースもあります。

そのため、ひと昔前までのように4月になってから考え始めるというスタイルをとっていては、手遅れになってしまう可能性が高いです。
年初に発売が開始するメーカーがあるという現状を踏まえれば、その前の年の暮れあたりからランドセルに関する情報収集をしておく方が良いでしょう。
活動に出遅れてしまうとお目当ての商品を買えなくなる場合もあるので、早めのうちから計画的に活動するようにしましょう。

□まとめ

今回は、ランドセル選びをする際のポイントについて解説しました。
この記事で紹介したポイントを参考にして、失敗しないランドセル選びができるようにしてください。
お目当ての商品が売り切れてしまう前に、計画的に行動して理想のラン活を実現させてください。