カバンのフジタ

カート

フジタのブログ はじめてのランドセル選び

ランドセルの失敗しない色選びとは?

ランドセルの失敗しない色選びとは?

年々カラフルに展開するランドセル。定番も流行色もそれぞれ魅力的にうつります。
「どの色のランドセルにするか」わくわくしているお子様の側でソワソワしているパパ・ママはいませんか?

ランドセルを購入する年中さんや年長さんの時期は、派手で奇抜な色やキラキラ・ピカピカした色に惹かれる傾向があります。

「1年生の頃は好きな色でも、高学年になったら飽きて使わなくならない?」
「やっぱり定番カラーにしておけば良かったと後悔しない?」

子どもが使うものだから、本人に選ばせてあげたいとう気持ちも、途中で飽きてしまわないか心配という親御さんの気持ちは痛いほどわかります。

そこで、ご購入後の親御さんとお子様たちに「ランドセルの色選びに後悔していないか」と追跡調査をしてみました。

わたし失敗しないので!
「色選びに後悔していない」という声が多数

ランドセルを選んでいる時には、あれこれ心配もありますが実際に使用している親御さんやお子さま本人に聞いてみると「色選びには後悔していない」という声がほとんどでした。

親御さんとお子様たちの声を少しだけ紹介しましょう。

お母さんたちの回答

私は定番の赤を勧めましたが娘の強い希望で水色のランドセルを購入しました。1年生の時は黄色いカバーをしていたので、実際に水色が目立つようになったのは2年生からでしたが、購入した時と変わらず毎日嬉しそうに使っています。娘の意見を尊重して良かったなと思っています。(2年生 女の子のお母さん)

ブラウンのランドセルを選びました。ブラウンと言っても柔らかい色で、ステッチや内装がピンク色なので女の子らしい印象のランドセルです。同級生には赤やピンクのかわいい色を選んだ子もたくさんいますが、後から「違う色にすれば良かった」とは言わないので気にって使っていると思います。(5年生 女の子のお母さん)

やんちゃな子なので、親としては色よりも耐久性や丈夫さの方が気になったのでリサーチした中から好きな色を選ばせました。全体はブルーでヘリがシルバーのランドセルを本人が気に入ったので決めました。友達のランドセルを見て「クロが良かった」「やっぱりグリーンが良かった」と言うこともたまにありますが、自分で選んだ色なので納得して使い続けています。(5年生 男の子のお母さん)

お子さんたちの回答

「みんなと同じ色がいいんじゃない?」とママに言われたけど、最初に決めたラベンダーのランドセルにしました。ちょっと心配だったけど、学校の友達もピンクやアカ、水色とかいろいろなランドセルだったので全然気にならなかったです。好きな色にして良かったと後悔していません。 (4年生 女の子)

おねえちゃんとお揃いのスウィートピンクのランドセルを使っています。濃い目の色より汚れが目立つかもしれないけど、拭けばキレイになるから気になりません。「お揃いでかわいいね」ってみんなに言われて嬉しい。(2年生 女の子)

全体はブラウンで背当てがグリーンのランドセルを選びました。クロや青でも良かったけどあまり気にしたことがなかったかも。自分で選んだから、今でも特に不満はないかな。(5年生 男の子)

ご覧のように、色選びで後悔しているという声はほとんどありませんでした。

「途中で色は変えられないよ」
「自分で決めたのだから卒業まで使いなさい」

ご購入の際に、しっかり言い聞かせているご家庭が多いうえに、お子様も納得して選んだという経験があるおかげでランドセルの色に対する後悔はないようですね。

『長く使う大切なものを自分で選ぶ』ことは小さなお子様にとって、初めての重大な決断の経験です。大人が思っている以上に、真剣に責任感を持って選んでいるのでしょうね。

現代は、カラフルなランドセルが珍しくありません。新1年生はおもいおもいに選んだカラフルなランドセルを背負って入学していきます。

親御さんはお子様が納得できる色選びの手助けをしてあげてくださいね。

後悔したのは”色”よりも・・・

「ランドセルの色選びで失敗した」という声よりもずっと多かったのは「使い勝手の悪いランドセルを選んでしまった」という声でした。

有名ブランドの個性的なデザインや、奇抜すぎたりかわいらし過ぎるデザインはインパクト重視で肝心の使いやすさがイマイチなモデルも存在します。

容量が少なすぎた、大マチの開閉がしにくい、肩ベルトや背当てがフィットしない…

色は本人や親御さんが納得していれば問題はないのですが、使い勝手の悪さは一度購入してしまうと改善しようがありません。

その点ランドセルを作り続けたフジタでは「お子様の使いやすさ」を1番大切に考えた設計。日々快適な学校生活を送るために、軽い・丈夫・大容量のランドセルをお届けしています。

小さなお子様は、色やデザインに気を取られがちですので「毎日使うランドセル」としての機能性や使いやすさは親御さんの厳しい目でチェックしてください。

フジタではランドセル選びのご相談にも対応中です。満足できるランドセルを選ぶためにお気軽にお問い合わせください。

お客様相談室