【新着】2024年度カタログ請求はコチラ
フジタのブログ はじめてのランドセル選び

ランドセルはおじいちゃんに買ってもらうべき?購入者を揉めずに決める方法もご紹介!

ランドセルはおじいちゃんに買ってもらうべき?購入者を揉めずに決める方法もご紹介!

「ランドセルは誰に買ってもらうべきなのだろうか」
このような疑問をお持ちの方は、多くいらっしゃると思います。
この記事では、祖父母から購入を希望された際の対処法をご紹介します。
ランドセルの購入者をできる限り揉めずに決める方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

□ランドセルは誰が買うの?

ランドセルは入学祝いの定番とも言えるプレゼントで、ランドセルをプレゼントしてあげたいという祖父母の方は多くいらっしゃると思います。
お祝いしたい気持ちが重なって、ランドセルのプレゼントが重複してしまうと双方が嫌な思いをしてしまうかもしれません。
そのような事態を避けるためにも、事前に誰が買うか話し合っておくことが必要です。

統計によると、ランドセルは祖父母が買う傾向が高いです。
小学校入学前はランドセル以外にも様々な出費が必要になります。
そのため、経済面でも助けてあげたいという想いからランドセルをプレゼントする祖父母の方が多いようです。

また、ランドセルを誰が買うのかは早めに決めておくことをおすすめします。
具体的には、5月ごろに決めておくといいでしょう。
特に、希少な素材を使ったランドセルや人気があるランドセルは売り切れてしまう可能性もあります。
欲しいランドセルが決まっている場合は、なおさら早めに購入者を決めておくと安心です。

□両家の祖父母からランドセルの購入を希望された際の対処法とは?

両家の祖父母からランドセルの購入を希望されても、双子ではない限りランドセルは1つしか必要ないので申し入れを断らなければなりません。
ランドセルの購入を希望された際に最も大切なことは、しっかりと心遣いにお礼を述べることです。

また、片方の祖父母どちらかとだけ勝手にランドセルを買うことも避けましょう。
両家の祖父母に購入意思があった場合、後からすでに買ったと言われた方は嫌な思いをしてしまいます。
では、双方の祖父母からランドセルのプレゼントの申し入れがあった際はどうしたらいいのでしょうか。
ここでは、その際の対処法を2つご紹介します。

1つ目は、ほぼ同額の入学準備品の購入をお願いすることです。
ランドセルの人気の価格帯は5万円から6万円ほどですが、学習机もランドセルと同額程度と言えます。
そのため、もし父方の祖父母にランドセルをプレゼントしてもらった際は、母方の祖父母に学習机の購入をお願いするといいでしょう。

また、小学校では2021年からGIGAスクール構想も始まり、パソコンも必需品になっている場合もありますのでパソコンもプレゼントにおすすめです。
ランドセルの購入を断る際は、それと同額程度のものを代わりにお願いすることで両家の祖父母も快く引き受けてくださるでしょう。

2つ目は、双方に購入資金を出してもらい両親がランドセルを購入する方法です。
ランドセルと同等なものが不要な場合は、双方の祖父母に同じ金額を出してもらいランドセルを買うのは両親という方法がおすすめです。
この場合は、双方の意見を聞き入れ同じ金額を出してもらうことが大切になります。

ランドセルを購入した後は、お子さまに祖父母が買ってくれたことを話し祖父母に感謝の気持ちを伝えるのを忘れてはいけません。
直接伝えられない場合は、電話やメールでもいいので必ず伝えるようにしましょう。

□ランドセルの購入者を揉めずに決める方法とは?

ランドセルをプレゼントしたいという親戚の方は多くいらっしゃると思います。
しかし、ランドセルはいくつも必要になるものではないので、場合によっては購入の申し入れをお断りしなければいけません。
そのような際に、相手に嫌な思いをさせてしまうことは避けたいですよね。
ここでは、ランドセルの購入者を揉めずに決める方法を3つご紹介します。

1つ目は、事前に誰がランドセルを買うのか決めておく方法です。
ランドセルの購入者を前もって決めておくことで、状況の悪化を防げます。
早い段階で、両家の祖父母と話し合っておくといいでしょう。

2つ目は、プレゼントしたい方全員で折半する方法です。
ランドセルは非常に価格に幅があります。
1万円台のランドセルもあれば、10万円以上するランドセルもあります。
お子さまのご希望が特殊なデザインのランドセルや人気のデザインだった場合、値段も高くなってしまう傾向があります。

全員で折半してランドセルを購入する方法も視野に入れておくといいでしょう。
ランドセルの購入を折半することは、全員が平等にランドセルの購入に関われるので納得してもらえる可能性が高いのでおすすめです。

3つ目は、ランドセル以外の代替品を購入してもらうことです。
この場合は、上記にもあるようにできる限りランドセルと同程度の金額のものをお願いすることをおすすめします。

□まとめ

この記事では、両家の祖父母からランドセルの購入を希望されたときの対処法についてご紹介しました。
ランドセルの購入に関わる全員が納得できるように話し合いを前もって進めておきましょう。
ランドセルの購入者を揉めずに決める方法が知りたい方は、ぜひカバンのフジタまでご相談ください。

まだ間に合う2023年新1年生の
ランドセル選び!

お客様相談室

来年、新入学を迎えるお子さまのランドセルはもうお決まりですか?今なら、あの人気シリーズもわずかに在庫がございます。ぜひ一度、お問合せください。 お客様相談室

NEW!!2024年度新カタログ請求
受付中!

カバンのフジタ2023年度カタログ

現在、年中さんを対象にして2024年度のカタログを無料でお届けいたします!
今年大好評だった女の子の光るランドセルに早くも新色をリリース予定です。カタログの部数には限りがございますので、お早めにご請求ください。 2024年度カタログ請求