インスタライブ!毎週土曜日開催! インスタライブ!毎週土曜日開催!
フジタのブログ はじめてのランドセル選び

ランドセルとは?ランドセルの歴史や由来について解説します!

ランドセルとは?ランドセルの歴史や由来について解説します!

ランドセルにはどのような歴史があるのか気になっている方はいらっしゃいませんか。
ランドセルという言葉には、一体どのような歴史や由来が隠されているのでしょう。
今回はこうした疑問をお持ちの方に向けて、ランドセルの歴史や由来について解説します。

□ランドセルの歴史や名前の由来とは

ランドセルの歴史や由来に関してご存じの方は、そこまで多くはないでしょう。
まずは、この言葉の語源から紹介します。

ランドセルという単語は、オランダ語のランセルという言葉がなまってできたとされています。
江戸時代に洋式軍隊制度を取り入れる際、幕府が所持品を収納するためにオランダのバックを利用したのが発祥とされています。
明治時代以降にも陸軍などで使用されていることから、昔は主に軍人がランドセルを使用していたことがお分かりいただけるでしょう。

現在のように通学カバンとして利用され始めたのは、学習院の初等科が起源です。
昔は風呂敷をランドセル替わりに使用していましたが、学習院の学生がランドセルを使い始めたことで広まったとされています。
ランドセルの原型が学習院型と言われているのは、このような理由が関係しているのです。

□ランドセルが小学生に使われるようになった理由とは

ここからは、ランドセルが小学生に使われるようになった理由について紹介します。

1つ目の理由は、お子さまを守ってくれることです。
昔は主に軍人の方が使用していたという事実からもお分かりいただけるように、ランドセルはその丈夫さが特徴です。
そのため、遊んでいて転んでしまって際にもクッションのような役割を果たしてくれるので、お子さまの身を守ってくれるでしょう。
もし登下校時に不慮の事故が起きて、お子さまが吹き飛ばされてしまった際にも大けがをするリスクを少しでも減らせるのはありがたいですよね。

2つ目の理由は、教科書などを守ってくれることです。
教科書は紙でできているので、どうしても雨や雪の影響を受けてしまいます。
昔のように風呂敷を使っていると、さらに天候の影響を受けやすいですよね。
ですが、ランドセルの中に収納しておけばそのようなリスクは回避できます。

3つ目の理由は、お子さまの負担を減らすことです。
もし、小学生がランドセルではなく手提げカバンを使って登下校をしていると、片方に重心が寄ってしまうので身体に対して負担になってしまう恐れがあります。
高学年になって持って行く教科書が増えると、その負担はさらに大きくなるでしょう。

しかし、ランドセルにはさまざまな機能が備わっているので身体への負担を最小限にして教科書などを持ち運べます。
ランドセルは安全性や耐久性、機能性を兼ね備えた万能な造りなので、活発で育ち盛りの小学生には最適と言えるでしょう。

□ランドセルの素材について

ランドセルの購入をご検討されている方は、ランドセルに使用されている素材についてよくご存じでしょうか。
一般的にランドセルには、3種類の素材が使われています。
これらの素材はそれぞれで特徴が異なるため、続いてはその違いについてご紹介しましょう。

まずは、人工皮革です。
別名クラリーノとも呼ばれるこの素材の特徴は、耐水性が高いことです。
雨や雪の影響を特に受けにくいため、メンテナンスの手間が省けるという便利な側面を持ち合わせています。

また、カラーバリュエーションの豊富さも特徴の1つです。
したがって、お子さま好みのランドセルを見つけやすいでしょう。

次に、牛革です。
この素材の特徴は、耐久性能が高いことです。
ランドセルは6年間使う物なので、ある程度の耐久性能は欠かせないですよね。

また、経年変化を楽しめるのもこの素材のメリットです。
使えば使うほど天然素材特有の風合いの変化をお楽しみいただけるでしょう。

最後に、コードバンです。
この素材はとれる量が決まっているため、希少性が高い高級皮革です。
見た目や触り心地の良さだけでなく、高い耐久性を兼ね備えているのもこの素材の大きな特徴の1つと言えるでしょう。
またこの素材は牛革と同じく天然素材なので、経変変化も楽しめます。

□素材選びをする際のポイントとは

ランドセルの素材選びをする際には、いくつかのポイントがあります。

1つ目は、重さについてです。
先程紹介した3つの素材はそれぞれで重さが異なります。
最も軽いのは人工皮革で、最も重いのがコードバンです。
そこまで大きな違いはありませんが、お子さまの感じ方は変わってくるため、まずは試着をして確かめてみると良いでしょう。

2つ目は、丈夫さについてです。
丈夫さを重視している方におすすめなのはコードバンです。
この素材は牛革の2から3倍の強度を誇ると言われているほど、丈夫な素材です。

3つ目は、見た目の良さです。
人工皮革はカラーが豊富で、牛革はレザー特有の質感と色に奥行きがあります。
また、コードバンは高級感のある見た目をしています。
見た目に関してはそれぞれの素材に良い点があるので、自分のニーズに合う素材を選ぶと良いでしょう。

□まとめ

今回は、ランドセルの歴史や由来について解説しました。
ランドセルに関するより詳しい知識を踏まえた上で、お子さまに最適なランドセルをご検討されてみてはいかがでしょうか。
ランドセルに関してご不明な点がございましたら、カバンのフジタまでお問い合わせください。