2023年度ご入学用 カタログ請求の受付を開始しました
フジタのブログ はじめてのランドセル選び

ランドセルをお考えの方へ!ランドセルの収納力はとても重要です!

ランドセルをお考えの方へ!ランドセルの収納力はとても重要です!

「ランドセルのサイズや選び方について知りたい」
「収納力に優れたランドセルの選び方について知りたい」
このようにお考えの方は多いでしょう。

ランドセルは収納力が非常に重要ですよね。
そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてくださいね。

□ランドセルのサイズについて

皆さんは、ランドセルのサイズにはどのような種類があるのかご存じでしょうか。
ぴったりのランドセルを見つけるためにも、どのようなサイズ展開があるのかを把握しておきましょう。
それでは早速解説します。

サイズは大きく分けると2種類あります。
1つ目は、A4クリアファイルサイズ対応のランドセルです。
このサイズのクリアファイルが楽に入ると、非常に便利ですよね。
学校からもらったプリントも、シワにならず持ち帰れます。

しかし、A4フラットファイルはスムーズには入りません。
入れようとすると少し折れ曲がってしまうので注意しましょう。

2つ目は、A4フラットファイルサイズ対応のランドセルです。
フラットファイルというのは、分厚い紙でできているファイルのことを指します。
こちらのサイズのランドセルは、最も主流であるといえます。
フラットファイルがすっぽりと入るため、とても便利ですね。

次に、大容量のランドセルの重さについて解説します。
大容量のランドセルは、たくさん荷物が入るため、重そうと感じる方も多いのではないでしょうか。
ランドセルは、できるだけ軽く背負えるように工夫して作られているため、大容量だから重いという認識は誤りといえます。

お子さまが入学する際は、体も小さいですし、できるだけコンパクトに収納できるランドセルを買いたいと考える方が多いかもしれません。
しかし、学年が上がると荷物もどんどん増えていきます。
コンパクトなものを購入すると、そのような際に対応できなくなってしまいます。
そのため、コンパクトなものを買うよりも、大容量だけれど軽くなるような工夫がされているランドセルを選ぶことをおすすめします。

以上が、ランドセルのサイズについてでした。

□収納力に優れたランドセルの選び方について

ここまで、ランドセルのサイズについてご紹介しました。
ランドセルにはどのようなサイズ展開があるのかについて、また大容量のランドセルの重さについて理解が深まったのではないでしょうか。

そこで続いては、収納力に優れたランドセルを選ぶコツをご紹介します。
やはりランドセル選びにおいて収納力というのは非常に重要ですよね。
小学生は荷物や教科書をたくさん持ち運ぶ必要がありますし、しっかりと確かめておきましょう。

1つ目は、A4フラットファイルを入れられるかどうかです。
先程紹介したように、フラットファイルが入るものは、クリアファイル対応のものよりも少し大きいです。
そのため、荷物が増えても教科書が大きくなっても困りません。
確かに入学当初は体が小さいため、大きすぎると感じる場合もあるかもしれませんが、長い目で見るとこちらのサイズがおすすめです。

2つ目は、大マチの大きさです。
マチが13センチであると大容量といえます。
12センチは標準的な幅で、11センチでは収納力が低いランドセルといえるでしょう。

3つ目は、小マチや前ポケットの収納力です。
ここに収納力があれば、体操袋や給食袋などを収納できるでしょう。
サブバックを持ち歩く必要がなくなったり、サブバックの荷物が減ったりするためおすすめです。

4つ目は、荷物をたくさん入れた時の安定感です。
荷物をたくさん入れた時、体にフィットしていると体感重量を軽くできますし、安定感があると体への負担を減らせます。

以上が、選び方のポイントについてでした。

□A4フラットファイル対応のランドセル以外のものを選ぶことにメリットはあるのか

ここまで、サイズや選び方についてご紹介しました。
ランドセルを選ぶ際、どのようなことを意識すれば良いのかについて知れたのではないでしょうか。
そこで最後に、A4フラットファイル対応のランドセル以外のものを選ぶメリットについて解説します。

1つ目のメリットは、ランドセルが少し軽くなることです。
小さい分軽くなります。
しかし、大容量でも軽く感じられるランドセルもたくさんあるため、よく考えて選びましょう。

2つ目のメリットは、価格が下がる場合があることです。
やはりフラットファイル対応のランドセルと比べると人気は劣ります。
そのため、価格が下がりやすくなるのです。
予算を抑えたいという方は検討してみても良いかもしれませんね。

以上が、A4フラットファイル対応のランドセル以外のものを選ぶメリットについてでした。

□まとめ

今回は、ランドセルについてお悩みの方に向けて、ランドセルのサイズ展開について解説しました。
また、収納力についても解説しました。
ランドセルについて詳しくなれたのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、後悔のないランドセル選びを行ってくださいね。
ご不明な点がありましたら、お気軽にカバンのフジタまでご連絡ください。

まだ間に合う2022年新1年生の
ランドセル選び!

お客様相談室

来年、新入学を迎えるお子さまのランドセルはもうお決まりですか?今なら、あの人気シリーズもわずかに在庫がございます。ぜひ一度、お問合せください。 お客様相談室

NEW!!2023年度新カタログ請求
受付中!

カバンのフジタ2023年度カタログ

現在、年中さんを対象にして2023年度のカタログを無料でお届けいたします!
今年大好評だった女の子の光るランドセルに早くも新色をリリース予定です。カタログの部数には限りがございますので、お早めにご請求ください。 2023年度カタログ請求