カバンのフジタ

フジタのブログ はじめてのランドセル選び

定番人気!青いランドセルのみんなのイメージは?

定番人気!青いランドセルのみんなのイメージは?

男の子のランドセルで、黒に次いで売れているのが青いランドセルです。多くのブランドでも展開しており、バリエーション豊富なことから、その人気の高さがわかります。

ランドセルをお求めのお客様に「青いランドセルを選んだ理由」を聞いてみると、こんな回答が多くありました。

どうして青いランドセルを選んだの?

■ “青”が一番好きな色だから

■ 黒よりも軽やかなイメージだから

■ 汚れやキズが目立たないから

■ さわやかな色だから

■ 奇抜すぎない色だから

青は男の子に人気の色という理由以外にも「黒いランドセルよりは個性的、でも悪目立ちしない」という個性と周囲とのバランスを考えて青いランドセルを選ぶ親子も多いようですね。

性別や年代を問わず、好感度の高い“青”色。
その理由を考えてみましょう。

青はさわやか・知的・カッコいいイメージの色

青といって真っ先に思い浮かべるのは、晴れ渡った空と広い海。

どこまでも続く雄大さと、スカっとしたさわやかさなイメージがあります。青が空と海のイメージを喚起させるのは世界共通。文化が違っても好感度の高い色のひとつです。

日本では若々しい色というイメージも強くあります。
「青春」ということばの通り、若さと生命力、そして未来への希望を感じさせる色です。

そして青い色は心理的には鎮静色にあたり、心を落ち着けてくれる効果で知られています。
清潔感・誠実さ・知性を感じさせる色でもあるので、商品のロゴやパッケージにもたくさん使われています。

余談ですが、弁護士さんや税理士さんなど士業の男性はブルー系のスーツをよくきていますよね。誠実さ・知性を求められる職業だけに、ブルーのスーツ・ネクタイが好まれています。

青はさわやかさと落ち着いた知性を感じさせるなんですね。

青いランドセルは色のバリエーションが豊富

ひとくちに「青いランドセル」と言っても、その色味は実に豊富。人気のカラーだからこそ、各社様々なトーンの青いランドセルを展開しています。

フジタでは『マリンブルー』と『インディゴブルー』の二つのブルー系ランドセルがあります。毎年、どちらも大人気のフジタのブルーをご紹介します。

マリンブルー

どこまでも続く、さわやかな海をイメージした「マリンブルー」は明るくはっきりした発色のよさが魅力。すがすがしく、さわやかなマリンブルーは元気ハツラツな男の子にぴったりのカラーです。

インディゴブルー

落ち着いた深い青色のインディゴブルー。屋内では黒に近い色に見えますが、屋外ではニュアンスのある青味がおしゃれなカラーです。知的でクール、カッコいいランドセルをお探しならインディゴブルーがおすすめです。

大好きな青がテーマのランドセル『ブルークライスト』

「青が大好き!」そんな男の子のために、フジタでは青がテーマのランドセルを作りました。ランドセルのカラーは人気のマリンブルーとインディゴブルー。

そして、なんと背あてもさわやかなスカイブルーのランドセルなんです!
背あてはもちろん肌当たりの良い「ふっくら天然牛革」を使用。
天然素材を染色すると、色落ちが心配ですよね?

ご安心ください、フジタでは汗にも水にも強い防水加工を施しているので、元気いっぱいに汗をかいても色落ちの心配がありません。

青にこだわった人気シリーズをぜひ、カタログや展示場でご確認ください。

>>ブルークライスト

 

フジタおすすめの青いランドセルはこちら

サンダーウィング

側面のツバサがオーロラにきらめく『サンダーウィング』シリーズではマリンブルーが人気。さわやかな青に走る光はまさに雷級の衝撃です。

>>サンダーウィング

アンシェル

インディゴブルーの本体カラーにブラウンのステッチが落ち着いた雰囲気です。背あてにはやわらかい印象のイエローをあわせたおしゃれな配色が魅力のランドセルです。

>>アンシェル

ドリームクルー

軽さと丈夫さが人気の『ドリームクルー』シリーズには、2021年にマリンブルーが新登場!シンプルなランドセルをお探しの方におすすめです。

>>ドリームクルー

まとめ

さわやかで知的と好感度の高い青はランドセルでも人気のカラーです。
青といっても、鮮やかなマリンブルーから落ち着いたインディゴブルーまで様々な色で展開されています。

定番カラーの青は、ヘリや背あてに他の色の組み合わせ次第でイメージが変化します。
さわやかさ、元気さ、落ち着き、大人っぽさ、たくさんの表情を持つ青。ぜひ、お気に入りのランドセルをみつけてくださいね。

2021年春に入学するお子様のランドセル選びは、すでにスタートしています!
ランドセル選びは年々前倒しになっており、多くの親子が7月までに予約を済ませています。のんびりしていると、人気モデルや話題のカラーは売り切れになってしまいます。

ラン活でおくれをとらないために、カタログやパンフレットは春のうちに手配しておきましょう。フジタの2021年のカタログでは、ランドセル選びのポイントや故障した場合のアフターケアまでしっかり解説しています。

ランドセル選びの参考になる情報が盛りだくさんのカタログはこちらからご請求ください!

2021年度カタログ請求
受付中!

カバンのフジタ2021年度カタログ

数量限定ランドセルカタログ2021なら
一気に見れる!
実際にお店で見る前に、
カタログでお気に入りをチェックしよう! カタログ請求フォーム