カバンのフジタ

女の子 男の子 カート フリー
ダイヤル

フジタのブログ はじめてのランドセル選び

WEB時代でも紙媒体のカタログを取り寄せたい理由

WEB時代でも紙媒体のカタログを取り寄せたい理由

前回、2021年度に小学校入学をするお子様のランドセル選びは、2020年春にスタートしているという話題を取り上げました。

まもなく3月。各ランドセルメーカーの新カタログが完成します。

WEBでなんでも比較できる時代ですが、紙媒体のカタログは存在しつづけています。

正直に言って新しいカタログを作るのは大変なんですが、フジタも他のランドセルメーカーも紙媒体のカタログは作りづづけています。

なぜなら、ランドセルは一生一度のお買い物。

 6年間使うものだからしっかり選んで欲しい

 WEBだけでは比較しにくい

という理由の他に、フジタがカタログを作る理由があります。

それは「お子様とご家族に楽しみながらランドセルを選んで欲しい」から。

ドキドキ✕ワクワクしながら選んで欲しい

たくさんのランドセルが載ったカタログを並べて見ているだけでも、新一年生への期待は高まります。

そのドキドキ✕ワクワクした気持ちをぜひご家族で共有してください。

「あ!これがカッコイイ!!」

「この色もいいね」

「このランドセルが似合いそうだね」

そんな楽しい会話をしながら選んだランドセルなら、6年間ずっと大事に使えそうですね。

ランドセルのカタログで注目すべきポイント

ただ眺めるだけでも楽しくなるランドセルのカタログ。きちんと選ぶなら注目して欲しいポイントがあります。

お子様はビジュアルに気を取られがちですので、細かい仕様の違いは大人の目でしっかり確認してあげましょう。

注目ポイント① ランドセルの素材

天然皮革、人工皮革それぞれにメリットがあります。 素材について詳しく説明しているページがあるので、よく理解して選びましょう。

注目ポイント② ランドセルの容量・マチの大きさ

指導要領の拡大に伴い、小学生の教材が増えています。教科書だけでなく体育着に給食着、工作の材料…高学年になるほど荷物は増えていきます。しっかり荷物を収納できる容量にも注目です。

注目ポイント③ ランドセルの仕様

どのメーカーも同じに見える「ランドセル」でも、肩ベルトや背当て、フックの位置、かぶせの錠の形状などには違いがあります。背負った時の体へのフィット感、荷物の出し入れのしやすさなどもカタログで確認しておきましょう。

注目ポイント④ ランドセルの修理・保証について

これから6年間使用するランドセル。いつ故障や修理が必要になるかわかりません。修理体制が整っているか、有料・無料の違い、修理に出す手順がわかりやすいかなど、アフターフォローが充実しているかも大切な注目ポイントです。

注目ポイント⑤ 購入できる場所・方法について

ランドセルは売り場で並んでるものを選んで購入できる場合もありますが、予約分だけ生産するメーカーもあります。購入できる場所や予約の期限日、支払い方法についても事前に確認が必要です。

カタログ✕WEBの楽しみ方

以前のカタログには、ランドセルに関する情報をこれでもかと詰め込んでいました。でも、スマホが普及しWEBへのアクセスが簡単になった現代はカタログ✕WEBの楽しい仕掛けもあります。

カタログに掲載しているQRコードを読み込むと、ランドセルの紹介ムービーが見れたり、
カタログには掲載しきれなかった情報をWEBで見ることができます。

写真だけでは伝わらない細部の様子、実際の使用イメージなども動画ならわかりやすくなります。

カタログで興味を持ったら、最寄りの展示会場を調べたり公式ホームページで予約をしたりととても便利になりました。

紙媒体のカタログだけではなく、WEBとの連携もうまく活用してみてくださいね。

2021年フジタのイチオシモデル

2021年の新商品「レインボーフォース」は、なんと昼でも夜でも光るランドセル。光るだけじゃありません“レインボー”の名の通り角度によって光が七色に変化します。

「七色に光るツバサは、男の子たちを夢中にさせるはず!」と開発チームがかっこいいランドセルを完成させました。

ところがとんだ大誤算…。

光の色の変化は紙媒体のカタログでは伝わりきらない!!

絶妙なグラデーションの変化をカタログで表現するのが難しい…ということで、気合を入れてムービーを作りました。

なるほど!ムービーならカッコよさが伝わりますね。

メーカーにも、ランドセルを選ぶ親子にとってもカタログにはカタログの、WEBにはWEBのそれぞれの良さがあります。

比較検討の資料にはカタログを、詳細情報や最新情報の入手はWEBから、など両方をラン活にうまく取り入れてくださいね。

2021年カタログのご請求はお早めに!

2021年の4月にお子様にお気に入りのランドセルを背負わせてあげたいなら、ランドセル選びは既にスタートしています!

「まだまだ大丈夫」と油断していると、秋には完売している人気モデルや人気色も出てきます。各社のカタログが完成した、この春から“ラン活”をしても早すぎることはありません。

カタログの部数にも限りがあります。
気になるメーカーにはどんどんカタログの請求をしましょう。

ランドセルとお子様の思い出は、手元に届く前から紡がれていきます。

「カタログを見ながらドキドキワクワク家族みんなで選んだことも、いつか大切な思い出になったらいいな」

そんな想いで完成したフジタの最新カタログは2020年2月下旬から発送開始です。数に限りがありますのでお早めにご請求ください。

>>フジタの2021年度最新カタログのご請求はこちらから!

残りわずか!お急ぎください2021年度カタログ請求
受付中!

カバンのフジタ2021年度カタログ

数量限定ランドセルカタログ2021なら
一気に見れる!
実際にお店で見る前に、
カタログでお気に入りをチェックしよう! カタログ請求フォーム