ランドセルのフジタ

フジタのブログ はじめてのランドセル選び

ネイビー(紺)のランドセル|クールな出で立ちが大人気!

ネイビー(紺)のランドセル|クールな出で立ちが大人気!

2021年に小学校入学の皆さま、ランドセルはもう決まりましたか?

幼稚園や保育園の年長さんたちは「ぼくランドセル決まった!」「わたしも~」とウキウキと小学校生活に向けて準備を進めているようです。

今年の傾向としては

軽くて使いやすい

・大容量

・丈夫

・夜道でも安全な光るランドセル

などという機能面を重視して選ぶ親御さまが多いと感じています。

有名ブランドとコラボしたランドセルや個性的なデザインや珍しい色のランドセルよりも、実用品として「使い勝手が良いランドセル」が求めらる傾向が強くなってきているのを感じています。

今年のランドセルの注目カラーとして取り上げられる回数が多いブラウンやキャメルのランドセルも「個性的」というよりも「ファッションとして普遍的なカラー」、「どんなファッションにも合わせやすい」といった”使い勝手がよい”点が評価されたからでしょう。

 

今回ご紹介するのは、フジタでも人気のネイビー(紺色)のランドセル。

・ファッションとして普遍的なカラー

・どんな洋服にも合わせやすい

・定番の黒よりもニュアンスがあってオシャレ

と、いう理由で大変人気のカラーです。

 

スマートな印象の”紺色”のランドセル

ネイビー(紺色)は心を落ち着ける「沈静色」に分類されます。

昔から、日本人に似合う色として着物が普段着だったころから愛されていた色でもあります。

そういえば、学生服や企業の制服の色としても紺色は多く採用されていますね。

古くから紺色は堅実・誠実といったことばを想起させる色なんですね。

大紺色のランドセルも、堅実・誠実というイメージがあります。一見は黒のランドセルに見えますが、ブルーを感じさせるニュアンスカラーがオシャレとママやパパからも高評価をいただいています。

 

フジタのネイビーのランドセル

フジタの青系のランドセルは、 鮮やかな「マリンブルー」と落ち着いた「インディゴブルー」の2色。

今回取り上げている”紺色”はインディゴブルーにあたります。

https://www.fujita-randoselu.jp/colors/blue/ 

 

今年もインディゴブルーのランドセルは大人気。早くも「残りわずか」となっているモデルが多くなっています。

フジタのランドセルは受注生産が基本です。

お目当てのデザインが見つかったら、早めにご予約ください。

 

ブルークライスト

https://www.fujita-randoselu.jp/item/bluechrist/

 

こちらは「ブルー」をテーマにしたランドセル。インディゴブルーの本体にアクセントを加えるヘリはマリンブルー・ブラウン・シルバーの3色から選べます。

落ち着いたインディゴブルーに自分らしいアクセントを加えたいお子さまにオススメのランドセルです。このシリーズの背あては、さわやかなスカイカラーを採用。見えないところも、ブルーで統一しました。

■ インディゴブルー×マリンブルー

 同じブルー系で揃えた「インディゴブルー×マリンブルー」はキリッとクールな印象に。

■ インディゴブルー×ブラウン

 ブラウンのヘリはシックな大人っぽさが魅力。小さな紳士にぴったり。

■ インディゴブルー×シルバー

 メタリックなシルバーが、まじめさの中に光る遊び心を演出。意外性のあるユニークな組み合わせ。

 

アンシェル

https://www.fujita-randoselu.jp/item/anciel/

 

イエローの背あてが鮮やかなアンシェルのインディゴブルー×ブラウンのランドセル。

背あては白が定番というイメージを覆す、360度どこから見てもオシャレなデザインです。

インディゴブルーにブラウンのステッチが少し大人っぽいデザインですね。

 

フジタのランドセルのこだわり

雨・雪に強い!山形レザー素材の質感を活かしたモノづくり

『ブルークライスト』と『アンシェル』シリーズは、山形レザーを使用した牛革製のランドセル。しっとりと滑らかな質感が、落ち着いたインディゴブルーとマッチして高級感を漂わせます。

やんちゃな男の子が使っても、6年間耐えられるように汚れと水に強い防水加工がしっかりと施されています。多少のヨゴレなら柔らかい布で軽く拭き取るだけの簡単なお手入れで十分なのも嬉しいところです。

 

牛革のランドセルはずっしりと重たいイメージがありますが、フジタの牛革製ランドセルは 軽いと言われるクラリーノ製との重さの違いはわずか200g。

ランドセルのかぶせ、肩ベルト・背当てには牛革を使用していますが、大マチの部分は軽くて丈夫なアーシックという人工素材を使用しています。

 

まとめ

近年では大人のファッションも機能性や着心地が重視されるようになってきました。

目立つことや、個性的であることよりも「身に着けていて快適であること」を大切に思う人が増えてきています。それでいて、よく見るとオシャレというのが今の時代の気分を表しています。

小学生の使うランドセルにもその傾向が見られます。

 

使いやすくて、機能的。

シンプルだけど、よく見るとオシャレ。

 

 

男の子のランドセルの定番カラーの黒に近いけど、少しだけ都会的なニュアンスを感じさせるインディゴブルーのランドセルは、今の時代の気分を反映した注目カラーのランドセルです。

 

2021年に入学のお子さまのランドセル選びも終盤となってきました。

各メーカーでも人気のモデルは完売や残りわずかとなっています。

ランドセル選びのご相談も専門のランドセル担当がおしっかりと答えいたします!