フジタのブログ はじめてのランドセル選び

ラン活を失敗させたくない方、必読!後悔ポイントや成功方法伝授します!

ラン活を失敗させたくない方、必読!後悔ポイントや成功方法伝授します!

「ラン活で失敗したくない」
「失敗しないためのポイントについて知りたい」
このようにお考えのお客さまは多いと思います。

せっかくのランドセル選びですから失敗や後悔は防ぎたいですよね。
そこで今回は、上記の疑問を解決する情報をお届けします。
ぜひ参考にしてください。

□ランドセルの失敗談について

皆さんは、ラン活で想定される失敗にはどのようなものがあるとお考えですか。
失敗例について知っておけば、同じ失敗は未然に防げますよね。
そこでまずは、失敗例についてご紹介します。

1つ目は、高級なランドセルを子供に与えたが粗末に扱っておりストレスに感じてしまうという失敗です。
まだ小さなお子さまに高級品を持たせるのは難しいことです。

2つ目は、時期を逃してお目当てのものを買いそびれてしまうという失敗です。
ラン活は早めに行なった方が好きなランドセルに巡り合う可能性が高いです。
特に女の子のランドセル選びは吟味する必要があるため、年中さんの3月あたりからラン活をスタートすることをおすすめいたします。

3つ目は、価格の低さを重視してしまったことによる失敗です。
価格が低いとその分素材の質も低くなるため、もっと奮発しても良かったという後悔が生まれることもあるでしょう。

続いては、デザインや色に関する失敗談です。

1つ目は、キャラクター付きのランドセルを買った失敗です。
人の好みは年齢とともに変わるため、高学年になってから、シンプルなものにしておけば良かったという後悔が生まれることも珍しくありません。

2つ目は、淡くてきれいな色ほど汚れが目立ってしまうという失敗です。
スタンダードな色のほうが汚れが目立ちにくいため、そのような色にしておけば良かったと思う方もいらっしゃいます。

3つ目は、刺繍がほつれてきてしまうという失敗です。
6年間使用するとなると、少しずつ擦れなどで劣化し、糸ほつれなどが目立つケースもあるようです。

4つ目は、ランドセルカバーによってデザインが隠れてしまったり、ぼやけてしまうという失敗です。
側面であればカバーに隠れないため、どの場所にお気に入りの装飾がついているのかを確かめるのも大切です。

最後に、サイズや機能に関する失敗談です。

1つ目は、収容力が乏しいという失敗です。
やはり小学生はたくさんの教科書をランドセルに入れて持ち運ぶ必要があるため、収容力は非常に重要です。

2つ目は、反射機能がないという失敗です。
反射材はないよりかあった方が良い機能です。考えたくはないお話ですが、夕暮れの下校時、雨などの悪天候の日は視界も悪くなります。ドライバーが安全運転していてもお子さまに気づかず、とっさのブレーキが間に合わないなんてことも。そんな時、少しでも反射機能がついているランドセルならば、反射した光がドライバーの目に入ってきて1M先にブレーキを踏むことができれば、事故に合わないで済んだといったケースもございます。

以上が、ランドセルの失敗例についてでした。

□失敗しないためのポイントについて

ここまで、失敗例についてご紹介しました。
想像以上に多くの失敗例があり、不安に感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで続いては、失敗を防ぐためのポイントについてご紹介します。
ポイントを押さえ、失敗をなくしましょう。

1つ目は、素材の違いです。
人工皮革のものと本革のものに分けられます。

本革は人工皮革と比べると耐久性があり、傷に強いです。
一方、価格が高めで少し重いのがデメリットです。

人工皮革は軽さと撥水性に優れています。
ランドセルの7~8割はこの素材で作られています。

2つ目は、重さの差です。
人工皮革のほうが100~200g軽いため、軽いと実感するお子さまも少なくありません。
持ち運ぶ教科書などがとても重たくなっている中、登下校時の負担を少しでも減らすことが可能です。

3つ目は、大きさの違いです。
フラットファイル対応なのかクリアファイル対応なのかによって使い勝手は異なります。
より大容量であるフラットファイル対応が良いでしょう。
近年では、アウトレット商品などの格安品や目玉商品でない限り、フラットファイルに対応していることがほとんどです。

4つ目は、保証の内容です。
保証内容はランドセルごとに異なるため、しっかりと確認をしてから選ぶことが大切です。
故意による傷は対象外のものもあるため、ご自身が納得いくものを選択しましょう。
また、修理に出す際の送料についても差がありますのであらかじめ把握しておきましょう。

以上が、失敗しないためのポイントについてでした。

□ランドセルはお子さま目線で選ぶことを大切にしよう

ここまで、失敗例や失敗を防ぐためのポイントについてご紹介しました。

最も大切なのは、お子さまの目線に立って選ぶということです。
ランドセルは高価な買い物ですし、どうしても親目線で選んでしまいがちです。
しかし、お子さまの目線に立つことを大切にすれば、自然と失敗を減らせるのではないでしょうか。

また、お子さまがデザインを気に入っているのかどうかもとても大切です。
お子さまの好みをしっかりとヒアリングしましょう。

さらに、軽くて扱いやすいかどうかもお子さまの目線に立つと非常に重要です。
軽さと背負いやすさにこだわってあげましょう。

□まとめ

今回は、ラン活をお考えの方に向けて、失敗例や失敗を防ぐためのポイントについて解説しました。
失敗を防ぐためにはどのようなことを意識すれば良いのかについて、理解が深まったのではないでしょうか。
今回の情報を活用し、お子さまの目線に立つことを大切にして、後悔のないランドセル選びを行ってくださいね。

まだ間に合う2022年新1年生の
ランドセル選び!

お客様相談室

来年、新入学を迎えるお子さまのランドセルはもうお決まりですか?今なら、あの人気シリーズもわずかに在庫がございます。ぜひ一度、お問合せください。 お客様相談室

NEW!!2023年度新カタログ請求
受付中!

カバンのフジタ2023年度カタログ

現在、年中さんを対象にして2023年度のカタログを無料でお届けいたします!
今年大好評だった女の子の光るランドセルに早くも新色をリリース予定です。カタログの部数には限りがございますので、お早めにご請求ください。 2023年度カタログ請求