カバンのフジタ

カート フリー
ダイヤル
女の子 男の子

フジタのブログ はじめてのランドセル選び

天然皮革の良さは6年間使うと分かります!

天然皮革の良さは6年間使うと分かります!

天然皮革ランドセルとの6年は良いことがいっぱい!

前回の「ランドセルは長い目で見て選びましょう!」では、
小学校生活の中でランドセルが傷みやすい場面や、素材の構造の違いについてお話ししました。
天然皮革のランドセルが丈夫な理由がお分かりいただけたかと思います!
今回は、天然皮革のランドセルを6年間使い続けた感触についてご紹介します!

牛革のランドセルはお子さまのからだに馴染みます!

牛革のランドセルは、硬く丈夫なため使い始めは硬く感じられることが多いです。
使い込んでいくと、お子さまのからだに馴染んでいきます!
肩ベルトやかぶせがくったりとやわらかくなり、革製品ならではの風合いが楽しめます。

デメリットとしてクラリーノなどの人工皮革に比べ雨に弱いことが挙げられますが、
牛革のランドセルなら、そのようなシミや傷もひとつの味わいになります。
6年使い続けることで、お子さまオリジナルの使用感が残ることが大きな魅力です。

お子さまに合わせて変化していくランドセルに魅力を感じる方に、牛革のランドセルはとてもオススメです!

コードバンのランドセルは6年ずっときれいに使えます!

なめらかな生地、美しいツヤなど、誰から見ても違いの分かる高級素材のコードバン。
美しさや型くずれしにくい丈夫さに加え、キズが付きにくくシワにもなりにくいので、6年の劣化を感じにくいのが特長です!

卒業式の日、他の子たちと比べてお子さまのランドセルだけが新品同様に輝いている!
なんてことも。

実際、カバンのフジタのお客様の中には、6年間使っても全く劣化を感じなかったという方もいらっしゃいました。
あまりにキレイということで、「このまま下の子にも使えるのでは?」とご相談を受けたほどです。
お子さまが卒業するまで、気持ちよく使っていただけます!

初めての革製品をランドセルで!

お子さまが天然皮革のランドセルを使うと、6年間と言わずその先まで良いことがあります。
それは、革製品を持つことが、お子さまにとって貴重な経験になるということです!

上質な道具を持つと、モノを長く大切に使うことの良さを学ぶことができます。
モノに愛着を持って接することは、大量消費社会の中でも自分のペースで道具と向き合える心を育てます。

海外に比べて革の文化が盛んではない日本では、小さなお子さまが本革の製品を扱うことは少ないかと思います。

しかし日本では、小学校入学を控えたお子さまみんなに平等にチャンスがあります。
ランドセルは、お子さまに革製品の魅力を実感してもらう絶好の機会なんです!

本革の風合いが好きな方、お子さまにもそれを味わってみてほしいという方は、
ぜひ本革のランドセルを買ってあげてはいかがでしょうか?

お子さま自身が本革のランドセルに興味を示していなくても、成長するにつれて、
「これってお父さんのカバンや靴と同じなんだ~!」
と、一足先に大人の仲間入りをした気分になってくれるかもしれません!

素材の良さが分かるカバンのフジタにご相談ください!

カバンのフジタ スペシャリティランドセルは
人工皮革のランドセル、天然皮革ランドセルの両方に強度を高める工夫を施しており、
お客様からも「丈夫」と評判の声を頂いております!

カバンのフジタでは、各素材の良さを分かった従業員が接客をしております。
天然皮革ランドセルに興味をお持ちの方、素材選びでお悩みのお客様からのご相談をいつでもお待ちしています!