フジタのブログ はじめてのランドセル選び

ランドセルの重量はどれくらい?注意点と選び方も併せてご紹介します!

ランドセルの重量はどれくらい?注意点と選び方も併せてご紹介します!

ランドセルを選ぶ際には、軽さを重視する方もいらっしゃるでしょう。
軽い方が良いと思われがちですが、実際にはそういうわけでもありません。
今回の記事ではランドセルの重量におけるポイントと重量以外に重視すべきポイントについてご紹介します。
お子さまにあったランドセルを選ぶためにもぜひ参考にしてみてくださいね。

 

□ランドセルの重量はどれくらい?

親御さまの気持ちとしては、お子さまのランドセルはできる限り軽くしてあげようと思われるかもしれません。
ランドセルの重さに関しては、平均的な重さのものである1100グラムから1300グラムのものを選んであげると問題ないでしょう。

ランドセルの人気の価格帯は、40,000円から80,000円であり、これらの価格帯であれば平均的な重さなので安心です。

ランドセルの重さは、素材が大きなポイントです。
ランドセルの素材には主に以下の2つがあります。
・人工皮革製ランドセル(クラリーノなど)
・本革製ランドセル

クラリーノ製ランドセルの平均的な重さは900グラムから1200グラムで、人工皮革なので革の風合いを出しつつも、軽さに優れているという特徴があります。
また、耐久性に関しても年々上がっているので、安心して選べます。

一方で、ランドセルを背負えるのは人生のうちでたった6年間だけ。
こだわって作られた本革製のものが良いと思われる親御さまもいらっしゃると思います。
本革製のランドセルは1100グラムから1500グラムが平均的な重さです。
やはり本革のランドセルは性質上重くなってしまいますし、値段的にもクラリーノ製ランドセルに比べると高くなってしまいます。

しかし、本革製のランドセルは使えば使うほど味がでて、経年変化を楽しめる点があります。
重さに関しても、最近では軽い本革製のランドセルが作られるようになってきたので、実際に重さを確かめた上で選んでみると良いかもしれません。

 

□軽すぎるランドセルには注意!

先ほどの章では、ランドセルは平均的な重さであると良いということをご紹介しました。
ランドセル自体の重さが軽すぎると2つの問題が生じるためです。

 

*強度が足りない

ランドセルの軽量化に力を入れれば入れるほど、耐久性を高めるための部品が少なくなります。
実際に、型崩れを防止するためのプレートが外されている場合や、金属部品ではなくプラスチック部品が使われている場合もあります。

ランドセルは6年間、ほとんどの時間使うものです。
そのため、耐久性が弱いと耐えきれずに途中で壊れてしまう可能性もあります。

また、登下校中に誤って後ろ側に転倒してしまうこともあるかもしれません。
その際にランドセルがクッションとなって後頭部をぶつけてしまう可能性も減らせます。

これらの点から、強度の高いランドセルを選ぶことが大切なのです。

 

*シミや傷がつきやすくなる

軽量化を重視したランドセルは、部品だけでなく素材も軽いものを使用します。
本革でもクラリーノでもない、合成化学繊維の布を使ったランドセルも最近では作られています。
これらのランドセルは、特殊素材ではありますが、素材自体に水や汚れがしみ込んでシミになったり、どこかに当たったらすぐに傷がついたりしてしまうという恐れもあります。

以上のように軽すぎるランドセルを選ぶことで、重量の面ではお子さまの負担を減らせますが、それ以外の面ではデメリットもあります。
これらを検討した上で、ランドセルを選んでくださいね。

 

□ランドセルの重量以外に大切なポイントとは?

ランドセルを選ぶ際には、軽すぎず、平均的な重さのものを選ぶと良いということを解説しました。
では、重量以外にランドセルを選ぶうえで重視するべきポイントは何があるのでしょうか。
実は、ランドセルを選ぶ際には重さ以外にも重要なポイントが3つあります。

1つ目は、背負いやすさです。
背負いやすいランドセルは、多少重かったとしても負担が少ないため、軽く感じやすいのです。
ランドセルを選ぶ際には体に負担がかからないかどうかを実際に担がせてもらっても良いかもしれません。
担いだ状態で歩いたり、軽く走ったりしてみることで体のフィット感を試すことも出来ますよ。

2つ目は、肩ベルトの調整幅です。
小学生は6年の間に大きく成長します。
そのため、一年生で買ったランドセルも肩ベルトの調整幅が小さいと大きくなったら合わなくなる可能性もあります。
これに対応するためにもお子さまの成長を見据えてランドセルを購入しましょう。

3つ目は、A4のファイルまたはフラットファイルが入るかどうかです。
意外にもA4フラットファイルがランドセルに入らないということもあります。
授業でプリントが出た際に、A4のプリントが入らないのは不便ですよね。
このようにお子さまの使い勝手を考慮することも大切なのです。

 

□まとめ

今回は、ランドセルの重量に関する注意点と選ぶ際のポイントについてご紹介しました。
ランドセルを選ぶ際には、お子さまの使いやすさや成長を考慮することが大切です。
今回の記事を参考にランドセルを検討されている方は、ぜひカバンのフジタまでご連絡ください。

まだ間に合う2023年新1年生の
ランドセル選び!

お客様相談室

来年、新入学を迎えるお子さまのランドセルはもうお決まりですか?今なら、あの人気シリーズもわずかに在庫がございます。ぜひ一度、お問合せください。 お客様相談室

NEW!!2024年度新カタログ請求
受付中!

カバンのフジタ2023年度カタログ

現在、年中さんを対象にして2024年度のカタログを無料でお届けいたします!
今年大好評だった女の子の光るランドセルに早くも新色をリリース予定です。カタログの部数には限りがございますので、お早めにご請求ください。 2024年度カタログ請求