軽いランドセルならどんなお子さまも元気いっぱい歩けます!

ランドセルが軽いと、毎日元気に登校できます!

カバンのフジタ本店のある山形県は、自宅から小学校への通学距離が近いお子さまと遠いお子さまの差がたいへん大きい地域です。

特に通学時間が30分以上と長く、また、小柄なお子さまの場合、重いランドセルを背負うことで負担が体全体にのしかかり、健康に影響を及ぼすのではないかとご不安を抱く親御さまがたくさんいらっしゃいます。

軽いランドセルの良いところは、長い通学路でも絶対的に軽量化することで疲れにくいことです!

ご来店される親御さまの中には「クラリーノなら軽くて価格も安価で安心!」とおっしゃる方もいらっしゃいます。クラリーノとは株式会社クラレという化学メーカーがランドセル用に開発した人工皮革の一種です。当時、牛革製ランドセルしか世になかった時代に、画期的な人工素材としてランドセル業界を席巻いたしました。

現在では、カラーバリエーションが大手メーカーや工房系メーカー選びの重要なポイントとなっております。そういった点からも牛革と比較して、染色が容易且つ無限大に対応できるクラリーノは、軽さとカラーでお探しのご家族さまに大人気の素材です。

ランドセル選びのポイントをどこにおくかで、おすすめするランドセルすなわちチェックするポイントは変わります。

ランドセルは一生に一度の贈りもの。6年間毎日使用する高額なお買い物ですから、真剣にお子さまのことを考える親御さまの気持ちも当然かと思います。

そこで「とにかく軽いランドセルがいい」とお考えの方におすすめのランドセルをご紹介します!

軽さなら、クラリーノのランドセルがいちばんです!

軽い赤いランドセル<img src=

人気ランドセルランキングの上位に使われる人工皮革の中でも、特にフジタがおすすめする素材が「クラリーノ」です。
クラリーノは軽さに加えて雨やキズに強く、お手入れもかんたんという点からランドセルではとても人気の素材です!

クラリーノとひと言で言っても広義にわたり、カバンのフジタ雪国ランドセルでは「クラリーノ・エフ」「クラリーノ・レミニカ(パール系)」の2種類の素材をご用意しています。

気になる重さはたったの「1,150g」以下。

どんな体型・体格のお子さまにも無理なく背負えるモデルになっています。 お子さまの体力に配慮して50gでも、100gでも軽いものを選びたい、という方におすすめです!

ランドセルを背負って元気に遊びまわるコツは、まっすぐ背負うことです!

軽いランドセルで走り回る

ランドセルの実重量の軽さは絶対条件ですが、他に軽く感じさせる背負い心地も大切です。

スマートフォンの普及によりランドセルの情報を比較・検討しやすくなったこともあり、また昨年2018年以降、文科省から『置き勉解禁!』のニュースなどもあり、ランドセルの軽さを重視する親御さまが増えました。

「軽いランドセルがいい!」「重いランドセルはダメなのか?」

決してそんなことはありません!

絶対重量が大切で、フジタのランドセルは軽いクラリーノ製1150g、重い牛革製1350gとランドセル業界の相場重量としては、どちらも軽量といえます。お子さまの体力と通学距離などによってこの絶対重量に対する200gの差は、背負うお子さまの健康に差し支えないものとおもいます。

ランドセルは手に持ったときより、背負ったときの方が安定し、軽く感じます。

一番背負い心地がよく、軽く感じるのは、ランドセルが背中にフィットし、からだと平行にまっすぐ背負われた状態です。
これは肩ベルトを調整してお子さまが背負った状態を横から見て確認してみてください。

正しく背負う

クラリーノエフやクラリーノレミニカなど人工皮革のランドセルに比べ、天然皮革の「牛革」「コードバン」のランドセルは少しだけ重くなります。

しかし、肩ベルトをお子さまに合わせて調節し、先入観なしにまっすぐ背負っていただいたとき、クラリーノエフ・クラリーノレミニカのランドセルと牛革・コードバンのランドセルを順番に背負っても、重さの違いがそんなに気にならないというお子さまも少なくありません。

また、体に馴染む前の新品の牛革のランドセルは、肩ベルトがまだ硬いです。ベルトの上部を揉んでやわらかくすると、フィット感がぐっと高まりお子さまの方にすっと馴染み、軽く感じます。

重いといわれる牛革ランドセルでもフジタのキューブ型ランドセルの牛革は1350gと軽く、軽く感じる背あて肩ベルトの形状などの機能面にも工夫をしておりますので、疲れにくく、たくさん走り回って遊ぶことができますよ!

「買うならクラリーノのランドセル」と決めているお客さまも、是非牛革やコードバンのランドセルを一度試していただけたらと思います!


「体にぴったりのランドセルを見つけてほしいから、家族みんなで選びましょう!」

お子さまの体力が心配でどうしてもクラリーノがいい!とおっしゃる親御さまに対し、お子さまは派手なデザインのランドセルを好むなど、ご家族の中で意見が分かれてしまうことがよくあります。

お子さまにとって大好きなフィットするランドセルを見つけるコツは、家族みんなで考え選んであげることです!
親御さまの意見だけでなく、実際に背負うお子さま自身にとってフィットする、こだわりのランドセルを選びましょう!

 
もしランドセル選びに迷われている場合は、鞄専門店のカバンのフジタにご相談ください。
販売のスペシャリストとして、お子さまにぴったりのランドセルを選べるようアドバイスさせていただきたいと思います!